Leisure Guide 21世紀の夢がここから発信宮城屈指のレジャースポットです。 戻 る 
グランディ・21
(宮城県総合運動公園)
 国内外のビックイベントの会場として活用される宮城県総合運動公園(愛称:グランディ・21)は、宮城県の新しいスポーツレクレーション拠点です。
 年間を通して有名アーティストのコンサートが行われるほか、2020年には東京オリンピックのサッカー第1リーグ戦の開催予定地となっています。また、2012年には、FIFAワールドカップの試合がおこなわれました。
 宮城スタジアムのメインスタンドとバックスタンドに架かる大屋根は、仙台藩主・伊達政宗の兜の前立の三日月をモチーフにデザインされています。
     
【利用時間】 9:00〜21:00(個人利用は17:00まで)
【休館日】 毎週月曜日(祝日も場合は翌日)
【電話番号】 022-356-1122
【URL】 http://www.mspf.jp/grande21/
2002.6にはワールドカップが開催されました。        
大規模ショッピングセンター
 利府街道沿いは今、活気に満ちた一大ショッピングゾーン。特に週末は、映画館なども配する東北最大級のショッピングタウンを中心に、買い物や食事などを楽しむご家族やカップルで大いに賑わいを見せています。
【URL】 イオン利府ショッピングセンター
http://www.aeon.jp/sc/rifu/
MOVIX・利府
http://www.smt-cinema.com/site/rifu/
  GU
  http://gu.mapion.co.jp/b/gu/info/203/
十符の里パーク
(利府町中央公園)
 約12haに及ぶ緑豊かで広大な敷地に、屋内温水プール、総合体育館、野球場、テニスコート、多目的運動場など、多彩な施設を配した総合スポーツ施設です。
 楽天イーグルス2軍が利府町中央公園野球場を本拠地としていることから、愛称「楽天イーグルス 利府球場」として町民や楽天ファンに親しまれています。
【入園時間】 9:00〜21:00(プールは10:00〜21:00)
【休館日】 火曜日(祝祭日の場合はその翌日)設備点検による臨時休館あり
【交 通】 JR東北本線利府駅から徒歩20分
三陸自動車道利府塩釜ICから車で5分
【駐車場】 大型3台 普通250台
【電話番号】 022-356-0461
加瀬沼公園
 利府町、塩竈市、多賀城市の二市一町にまたがる加瀬沼公園は市街地周辺にありながら、春はお花見、秋は芋煮会、そして冬には白鳥の飛来する憩の場となっています。
 加瀬沼は一説によれば、江戸時代におきた伊達騒動(伊達氏の家督相続争い)で原田甲斐と争った伊達安芸が造ったとされていますが、今のところ定かではありません。
県民の森
 宮城県県民の森は、澄み切った青空と緑豊かな郷土をつくるため、昭和44年に明治100年の記念事業として開園しました。
 岩切城址の桜や中央広場、野外音楽堂、児童遊園施設などがあり、四季を通しての美景は必見です。
【利用時間】 9:00〜16:30(11月〜3月は9:00〜16:00)
【問い合わせ】 県民の森中央記念館
【電話番号】 022-255-8801
 
館山公園
 
 利府町のほぼ中央に位置する館山公園(利府城跡)は、標高約90mの高台にあり、利府のまちなみが展望できる眺望スポットです。
 自然地形を利用した山城で、留守氏の家来であった、村岡氏が築いたといわれています。
 現在は、町が公園として環境整備を行い、町民憩いの場として親しまれています。
そうした背景には、この史跡を貴重な文化的遺産ととらえ、後世に伝えようとした地元有識者の協力があったということが公園内にある「愛園の碑」に書かれており、この地の桜は明治44年(1911)に植樹されたと記されています。4月の花見シーズンには、公園内をライトアップ(日没から22:00)します。
 
新幹線総合車両センター
 新幹線仙台総合車両センターは、約53万uの広さを持っています。ここでは、新幹線車両の修理、点検、そして車庫としての仕事を行っています。
 最高速度200qを超える新幹線車両の修理、点検は乗客の安全確保のため、入念に行う必要があり、まさに現代の鉄道技術の最先端が集められているところといえます。
 また、毎年PRコーナーには、車輛部品や鉄道模型を展示しています。新幹線車両基地公開が開催され、全国から数多くの鉄道ファンが訪れます。
【電話番号】 022-356-5263
春日PA
 三陸自動車道の松島ICと利府中ICの間にあり、「むすび丸PA」の愛称で親しまれています。毎週土・日曜には地場産品等直売所も営業しています。旅やドライブの休憩がてら、ぜひお立ち寄りください。
表松島
 
 松島湾の一角をなす利府町浜田には、波の静かな入り江が広がり、海に向かってのびる「馬の背」と呼ばれる、天然の桟橋があります。そこからは表松島の島々を眺めることができ、松島四大観にも負けない景観スポットとなっております。
馬の背 鎧島 在城島 箕輪島 兜島
 戻 る