利府町

  1. トップページ >
  2. くらし >
  3. 国民年金 >
  4. 国民年金保険料免除・納付猶予申請をご存知ですか

国民年金保険料免除・納付猶予申請をご存知ですか

平成29年1月10日更新
 
 国民年金の第1号被保険者は、ご自分で保険料を納めなければなりません。しかし、所得の減少や失業、DV被害等で経済的に保険料を納めることが難しい場合には、保険料免除制度と納付猶予制度(50歳未満の方が対象)があります。申請時点の2年1か月前の月分まで申請できます。
 
制度の種類
・全額免除 保険料の全額が免除されます
・一部免除
(一部納付)
所得に応じて4分の1・半額・4分の3を納付することで残りの額が免除されます。
・納付猶予 保険料の全額が猶予されます。(50歳未満の方のみ)
※ただし、平成28年6月以前の期間は、30歳未満であった期間が納付猶予制度の対象となります。

【平成28年度1か月ごとの保険料】
通 常 全額免除 4分の3免除(4分の1納付)
16,260円 かかりません 4,070円
半額免除
(半額納付)
4分の1免除
(4分の3納付)
納付猶予
8,130円 12,200円 かかりません
 
未納と免除・猶予では大違いです
・免除や猶予を受けた期間は、障害年金や遺族年金受給の対象になります。
・免除を受けた期間も老齢基礎年金に加算されます。(免除の種類によって加算割合が変わります)
 ※保険料を未納のままにしておくと、老齢基礎年金や、障害基礎年金、遺族基礎年金を受けとることができない場合があります。
 
【手続きに必要なもの】
・年金手帳または基礎年金番号通知書
・印鑑(本人が申請書に署名する場合は不要)
・身分証明書
・委任状(別世帯の方が申請する場合)
 
※失業を理由とするときは、「雇用保険受給資格者証の写し」や「雇用保険被保険者離職票の写し」を持参してください。
※DV被害を理由とするときは、初回申請の際、婦人相談所および配偶者暴力相談支援センター等の公的機関が発行する証明書(配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書)の添付が必要です。
※転入等により所得額が確認できない方は、所得証明書等を添付していただく場合があります。
このページのお問い合わせ先
町民課 保険年金班
電話番号:022-767-2340
FAX番号:022-767-2104
メールアドレス:hokennenkin@rifu-cho.com