柔道整復師・はり・きゅう・マッサージの施術を受けるとき


平成29年7月7日更新
 
柔道整復師の施術を受けられる方へ 
 整骨院や接骨院で骨折、脱臼、打撲及び捻挫の施術を受けた場合、保険の対象となりますが、骨折及び脱臼については、あらかじめ医師の同意を得ることが必要です。(ただし、緊急の場合は、事後の同意でもかまいません。)
 単なる肩こりや筋肉疲労などに対する施術は、保険の対象になりません。また、保険医療機関(病院・診療所など)で同じ負傷等の治療中は、施術を受けても保険の対象になりませんので、ご注意ください。
 
 
 
はり・きゅうの施術を受けられる方へ 
 主に神経痛、リウマチ、頸腕(けいわん)症候群、五十肩、腰痛症及び頸椎(けいつい)捻挫後遺症等の慢性的な疼痛を主症とする疾患の治療を受けたときは保険の対象となりますが、あらかじめ医師の発行した同意書又は診断書が必要です。
 保険医療機関(病院、診療所など)で同じ対象疾患の治療を受けている間は、はり・きゅう施術を受けても保険の対象にはなりませんので、ご注意ください。
 
 
 
   マッサージの施術を受けられる方へ 
   筋麻痺や関節拘縮等であって、医療上マッサージを必要とする症例について施術を受けたときは保険の対象となりますが、あらかじめ医師の発行した同意書又は診断書が必要です。
 単に疲労回復や慰安を目的としたものや、疾病予防のためのマッサージなどは保険の対象となりませんので、ご注意ください。