軽自動車税

 
軽自動車税とは?
 4月1日現在で、利府町内に主たる定置場所(駐車場)がある軽自動車等の所有者に課税されます。
 そのため、4月2日以降に廃車、名義変更等を行った場合であっても、4月1日時点の所有者に対して1年分課税されることとなります。
軽自動車等の種類と税率
車種区分ごとに下表のとおり設定されています。
   
 
原動機付自転車及び二輪車等
 
種  別   税率(年額)
平成27年度まで 平成28年度から
原動機付自転車 1 第一種 (排気量50㏄以下) 1,000円 2,000円
2 第二種乙(50cc超90cc以下)  1,200円 2,000円
3 第二種甲(90cc超125cc以下)  1,600円 2,400円
4 ミニカー(50cc以下)  2,500円 3,700円
小型特殊自動車  農耕作業用  1,600円 2,400円
その他(フォークリフト等)  4,700円 5,900円
二輪の軽自動車 (125cc超250cc以下),ボートトレーラー等  2,400円 3,600円
二輪の小型自動車 (250cc超)  4,000円 6,000円
   
四輪以上及び三輪の軽自動車
   所有する車両の取得(新規登録日)が次の①~③いずれかにより表のとおりとなります。
①平成27年3月31日以前に取得されている車両及び新車新規登録済みの車両(税額変更なし)
②平成27年4月1日以後に新車新規登録された車両
③平成28年4月1日以後の賦課期日(毎年4月1日)現在で新車新規登録から13年を超える車両
 
種  別 税率(年額)  
③ 
軽自動車税 三 輪    3,100円  3,900円  4,600円
四 輪 乗 用 営業用  5,500円  6,900円  8,200円
自家用  7,200円  10,800円  12,900円
貨物用 営業用  3,000円  3,800円  4,500円
自家用  4,000円  5,000円  6,000円
   

各種減免制度
  軽自動車税では、一定の条件を満たす場合に限り、納期限までに申請することで、減免を受けることができます。
なお、例示したもののほかにも該当する場合がありますので、詳細については担当までお問い合わせください。
 
公益減免
例)社会福祉法人等が所有し、特定の利用者のために専用として利用している車両等
障害減免
例)身体障害者等が所有し、運転する車両等
   
盗難にあった場合
  所有する軽自動車等が盗難の被害にあった場合、必要書類を添えて町に申告することで課税を留保することが可能です。
   
軽自動車等の各種手続き
  購入、廃車、住所や名義人を変更する場合は、下記により速やかに手続きを行ってください。
なお、手続きの際には必要書類等を事前にご確認ください。
 
車   種 手続きを行う窓口 必要なもの
●原動機付自転車
(125cc以下のみ)
●小型特殊自動車
(農耕用車両等)
●三輪以上原動機付自転車
(ミニカー等)

利府町役場税務課固定資産税班または
現住所地市区町村の軽自動車税担当課

◎印鑑
◎譲渡証明書(譲渡の場合のみ)
◎ナンバープレート(廃車の場合のみ)
●軽四輪自動車
●軽二輪
(125~250cc以下)
●軽三輪
所管の軽自動車協会

(宮城県の場合)
宮城県軽自動車協会
〒983-0013
仙台市宮城野区中野四丁目1番地の38
☎:022(388)6033
受付時間(土・日、祝祭日を除く)
午前8:45 ~ 11:45
午後1:00 ~ 午後4:00
 内容により必要なものが異なりますので、事前に確認のうえ、手続きを行ってください。
●二輪の小型自動車
(250cc超)
所管の運輸局
(宮城県の場合)

東北運輸局宮城運輸支局
〒983-8540
仙台市宮城野区扇町3-3-15
☎:022(235)2517
受付時間(土・日、祝祭日を除く)
午前8:45 ~ 正午
午後1:00 ~ 午後4:00
   
軽自動車税についてのお知らせ