個人町民税

個人町民税とは?

 個人町民税と個人県民税とを合わせて、一般的に『個人住民税』と呼ばれています。
 個人住民税は、個人の所得に対してかかる税金で、『所得割』と『均等割』とに分けられます。
 なお、個人住民税は、平成26年中の所得をもとに平成27年度の税金を計算する、というように、1年遅れで税金がかかってきます。

均等割  均等割は、一定以上の所得がある人に、同じ額を負担していただく税金です。税額は、町民税均等割が3,500円、県民税均等割が2,700円で、合計で年額6,200円になります。
   
  ※平成26年度から平成35年度までの特例期間において、震災からの復興を目的とした臨時的な引き上げが行われています。
 
所得割  所得割は、一定以上の所得がある人に、その所得の額に応じて負担していただく税金です。所得割の税率は次のとおりです。
 町民税6% 県民税4%
 
所 得 所得とは、基本的に『収入金額から必要経費を差し引いたもの』となります。
 ただし、給与収入の場合は、国で定めている計算式を用いて所得を求めたり、土地を売って収入を得た場合は、特別に差し引かれる金額があるなど、その種類ごとに、それぞれ異なった計算方法がありますので、詳しくは、税務課または税務署までお問い合わせください。
 
個人住民税の課税・非課税
税金がかかる人
 その年の1月1日に利府町に住んでいる人(住民登録をしている人)
所得割と均等割がかかります。
 その年の1月1日に利府町内に事業所または家屋敷がある人で、利府町に住んでいない人
均等割だけがかかります。

税金がかからない人
生活保護法によって生活扶助を受けている人
障害者、未成年者または寡婦(寡夫)で、前年中の所得が125万円以下の人
前年中の所得が32万円以下の人(給与収入のみの場合は、97万円以下の人)

徴収方法
普通徴収
 普通徴収とは住民税の納付方法のことで、給与天引きではなく、町から納税通知書と納付書を受け取り、個人で納めていただく方法のことです。
 課税については所得税の確定申告、もしくは住民税の申告に基づき計算されます。
 利府町では通常、6月に納税通知書をお送りし、4回の納期(6月、8月、10月、1月)に分けて納めていただきます。

特別徴収
 給与の支払者が毎月の給与を支払う際に、納税者が納めなければならない町・県民税を6月から翌年5月までの12回にわたって毎月定められた税額を給与から差引き、納税者個人にかわって納めていただく制度です。