利府町

  1. トップページ >
  2. 健康・福祉 >
  3. 検診・健診・予防接種 >
  4. 子どもの定期予防接種

子どもの定期予防接種

平成29年8月28日更新
 
 公費負担(無料)で受けられる定期の予防接種については、お子さんの出生届の提出後(約1か月から2か月後)に、予診票を郵送します。
 転入された方には、転入月の翌月から翌々月に「予防接種状況調べ(回答書)」を送付しますので、記入後に返送してください。それをもとに未接種分の予防接種の予診票を郵送します。
 なお、急ぎで受けたい予防接種がある場合は、母子健康手帳を持参し、保健福祉課(保健福祉センター)へお越しください。
 
1 集団接種
予防接種名 対象年齢 接種回数
BCG 1歳に至るまで
(標準期間:5か月から7か月児)
1回
※個人への通知はしませんので、BCG日程でご確認ください。
   
2 個別接種
   個別接種は、母子健康手帳、予診票を持参の上、塩釜医師会指定の医療機関で接種してください。指定医療機関以外で接種を希望する方は、保健福祉課へお問い合わせください。
予防接種名 対象年齢 接種回数及び標準的な接種間隔
 B型肝炎※1   1回目  生後2か月から1歳に至るまで
(平成28年4月1日以降に生まれた方)
1回接種 
 2回目 1回目接種後、27日以上の間隔をおいて1回接種
 3回目 1回目接種後、139日以上の間隔をおいて1回接種 
Hib(ヒブ)
ワクチン ※2
初回 生後2か月から5歳に至るまで 初回開始 2か月から7か月に至るまで:4週間から8週間の間隔をおいて3回接種
7か月から1歳に至るまで:4週間から8週間の間隔をおいて2回接種
1歳から5歳に至るまで:1回接種
初 回 追 加 初回接種後7~13か月の間に1回接種(1歳以上で初回接種を受けた場合、追加接種なし)
小児用肺炎球菌
ワクチン ※2
初回 生後2か月から5歳に至るまで 初回開始 2か月から7か月に至るまで:27日間以上の間隔をあけて3回接種
 ※2回目及び3回目の接種は1歳に至るまでに接種
7か月から1歳に至るまで:27日間以上の間隔をあけて2回接種
 ※2回目接種は2歳に至るまでに接種
1歳から5歳に至るまで:1回接種
初回追加 初回接種後60日以上かつ1歳以上(2歳以上で初回接種を受けた場合、追加接種はなし)

四種混合 ※3
1期初回 生後3か月から7歳6か月に至るまで 20日から56日(3週間から8週間)の間隔をおいて3回接種
1期初回追加 3回目接種後、1年から1年半おく
2期(二種混合)  11歳以上13歳未満 1回接種
麻しん風しん混合
(MR)
1期 生後1歳から2歳に至るまで(1歳児のみ)に1回接種
2期 小学校就学前の1年間に1回接種
※対象者:H22.4.2からH23.4.1生まれ(いわゆる幼稚園、保育所等の年長児)
※接種期間:平成28年4月1日~平成29年3月31日
水痘ワクチン 初回 生後1歳から3歳に至るまで 1回接種
追加 初回接種後、6か月から12か月の間隔をおいて1回接種
日本脳炎 ※4  1期初回 生後3か月から7歳6か月に至るまで
(標準は3歳から)
6日から28日(1週間から4週間)の間隔をおいて2回接種
1期追加 1期2回目接種後、1年おく
2期 9歳以上13歳未満 1回接種 
子宮頸がん予防ワクチン
小学校6年生から高校1年生相当の女子
(標準は中学校1年生の間)
3回接種
 
 
 
※1 B型肝炎ワクチン予防接種は、平成28年10月1日から定期接種になりました。対象となる方には予防接種予診票を送付しておりますので、同封されている説明書をよく読んで接種してください。
1回目の接種から3回目の接種を終えるまでには、おおよそ半年間かかります。1歳になってしまうと、定期接種の対象外となります。スケジュールをよくご確認いただき、予防接種を受けるようにしてください。

HBs抗原陽性の妊婦から生まれた乳児として、健康保険によりB型肝炎ワクチンの投与の全部又は一部を受けた方は定期の予防接種の対象にはなりません。
 
※2 Hib(ヒブ)ワクチン・小児用肺炎球菌ワクチンは、1回目の接種時の年齢によって接種回数が異なります。
※3 三種混合あるいは不活化ポリオのいずれかをすでに1回以上接種している方は、それぞれのワクチンを必要な回数接種してください。(四種混合の接種は不要となります。)
※4 日本脳炎1期・2期の接種が終わっていない方は、平成9年4月2日から平成19年4月1日生まれの方に限り、20歳になる前までの期間、定期の予防接種(特例)として受けることができますので、お問い合わせください。
   
→ 塩釜医師会管内医療機関一覧 ←
 
 
【長期にわたる疾病等のために定期予防接種を受けられなかった場合について】
 重篤な疾病(国で定められている疾病)にかかっていたなどの特別の事情により定期予防接種を受けられなかった場合は、接種可能となったときから原則2年間、定期予防接種が受けられます。(ただし、四種混合ワクチンは15歳まで、BCGは4歳までが上限)詳しくは、保健福祉課健康づくり班へお問い合わせください。
 
 
【保護者以外の親族等が同伴する場合について】
 予防接種には保護者が同伴するのが原則ですが、特段の理由があり、どうしても保護者が同伴できない場合は、接種をするお子さんの健康状態を十分に理解している親族等が同伴しても差し支えありません。
 ただし、その際には保護者の委任状が必要となりますので、接種時に必ず持参してください。
※委任状は、申請書ダウンロードセンターに掲載しています。
 
【対象年齢の考え方】
 「○歳に至るまで」は誕生日の前日までが接種期間(無料期間)となります。
 
このページのお問い合わせ先
保健福祉課 健康づくり班(保健福祉センター内)
電話番号:022-356-1334
FAX番号:022-356-1303
メールアドレス:kenkou@rifu-cho.com