利府町

  1. トップページ >
  2. くらし >
  3. ペット・動物 >
  4. ペットは責任と愛情を持って飼いましょう

ペットは責任と愛情を持って飼いましょう

平成27年1月5日更新
 
 動物を飼うことは、動物の命を預かることです。
 飼い主は、動物が健康で快適に暮らせるようにすることや、社会や近隣に迷惑をかけないようにする責任があります。
 人と動物が共存するためには、飼い主のモラルとマナーが必要です。

 動物の習性を正しく理解し、適切な飼い方をし、健康・安全に気を配り、最後まで責任をもって飼いましょう。
 
 糞尿等で近隣の生活環境を悪化させたり、公共の場を汚さないようにしましょう。また、動物の種類に応じて、しつけや訓練を行い、人に危害を加えたり、鳴き声などで近隣に迷惑をかけないようにしましょう。
 
 生まれる命に責任が持てないのであれば、むやみに繁殖させないよう、不妊去勢手術などの繁殖制限措置を行いましょう。
 
 猫は、ごみの集積所などを散らかしたり、ところ構わず糞尿をしたり、迷惑をかける場合があります。飼い猫は家の中で飼うようにし、野良猫にエサを与える場合には、責任を持って飼い、ほかの人に迷惑をかけないようにしましょう。
 
【次の場合は届け出が必要です】
犬(生後90日経過)を飼った
飼い犬が死亡した
飼い犬の所有者や住所が変わった
町外に転出した場合は、転出先の市町村に鑑札を持参のうえ届け出てください。
 
狂犬病の予防注射を受けていない犬は、すぐに動物病院で受けてください。

関連情報

このページのお問い合わせ先
生活安全課 環境生活班
電話番号:022-767-2119
FAX番号:022-767-2105
メールアドレス:seikatu@rifu-cho.com