全国的に、上下水道関係の職員や町から委託された業者を装ってご家庭を訪問し、上下水道料金を搾取したり、勝手に水質検査をした後に給水管の清掃や浄水器を売りつけたり、訪問中の隙を狙った窃盗など悪質な事件が起きています。十分にご注意ください。
 
上下水道課では、次のようなことは行ないません
メーターの検針票で水道料金をいただくこと。
お客様から要請がないのに、水道水の水質検査をすること。
お客様から要請がないのに、給水管や下水道管の配管調査や清掃をすること。
浄水器の販売、あっせんをすること。
上下水道のアンケート調査だといって、家族構成等個人情報をお聞きすること。
メーターが有効期限切れだといって交換し、料金をいただくこと。
 
【実際にあった事例から】

 コップに水を汲み、薬を入れたら黄色になった。この水は身体に良くないと浄水器を付けるようすすめられた。
 これは、水道水に含まれている「塩素」に反応する薬品を入れたからです。
 塩素は水質保持上、法律で濃度が定められています。色が変わるのは安心して飲むことができる証拠です。
 
 町から委託を受けたとメーターの検査に来た。1人が家の中で蛇口を開け、もう1人にメーターを見てほしいと外に呼ばれた隙に、金品を盗まれた。
 メーター交換は、町が対象範囲を決め、事前にお客様に説明に伺います。委託業者は町が発行した身分証明書を常に携帯しています。
 おかしいとおもったときは、上下水道課にお問い合わせしてください。
 
 突然、電話で「水道料金が足りませんので至急この口座に振込んでください。」と催促された。
 料金のお支払いは、お客様が届出された口座から毎月引き落とす方法と、町が送付した納付書(請求書)でお客様が直接お支払いいただく方法があります。
 町がお客様に電話をして、振り込む口座を指定することは絶対ありません。
 
 
契約をしてしまい、解除したいときはクーリングオフ制度があります。
 ご相談は・・・
宮城県消費生活センター 022-261-5161 または、
利府町消費生活相談窓口(産業振興課 商工観光班内) 022-767-2120
 
 「変だな」と思ったら、身分証明書を見せてもらうか、その場ですぐに上下水道課までお問い合わせください。
 
−お問い合わせ−
上下水道課 経営班
電話022-767-2126
FAX022-767-2109
メール送信keiei@rifu-cho.com