利府町

  1. トップページ >
  2. こども・教育 >
  3. 子育て支援・相談 >
  4. みんな大好き!保育所給食

みんな大好き!保育所給食

平成29年1月27日更新

 保育所給食からの「楽しく食べよう」では、町内認可保育所(園)の「おすすめ給食のレシピ」の紹介や「こんな時はどうしらたいいの?」と困った時に役立てていただけるような情報を提供します。
 この「楽しく食べよう」が子ども達だけではなく、ご家族みなさんの食や健康に役立つことができれば幸いです。もし、なにかご心配なことや相談したいことなどがありましたらお気軽に、各保育所(園)の管理栄養士・栄養士にお尋ねください。
 保育所(園)の給食は、子ども達が毎日元気に健康に楽しく過ごせるように、こころにも体にも栄養になるような安全で安心な、バランスの良い食事を目指しています。
 子ども達が食べることが楽しいと感じるように、将来の望ましい生活習慣・食習慣が身につくことに役立つように、そして、「食」の大切さや「食」への感謝の気持ちが育つように、食育に力を入れています。
 町立保育所の給食について詳しくは
教えて!!町立菅谷台保育所の給食
 
保育所(園)おすすめレシピ / こんなときどうしたら?
保護者から / 食育実践のようす
 
栄養バランスをととのえるポイントは
主食+主菜+副菜 をそろえることです
主 食 ごはん・パン・麺・パスタなど炭水化物の多いもので、からだを温めたり、動かしたり、力をだす“エネルギー”のもとになります
主 菜 肉・魚・卵・大豆(大豆製品)など、たんぱく質の多いもので、からだの血や肉になり、からだをつくるもとになります。
副菜
(汁ものを含む)
野菜・きのこ・いも・海草などビタミン・ミネラル・食物繊維の多いもので、からだの調子を整えます。
牛乳(乳製品)と果物もそろえましょう。
 主食・主菜・副菜をそろえるだけではなく、色どりをそろえたり、季節の食材を盛り込んだり、子ども達に伝えたい行事食や伝統食なども上手に取り入れてみましょう。
おやつ は大切な食事のひとつです。
 1日3回の食事だけでは必要な栄養がとれない子ども達にとって、おやつは「食べる楽しみ」プラス、必要な「栄養」・「エネルギー」・「水分」の補給と、おやつの役割は大切です。
 
 おやつは1日1回から2回、量と時間を決めてあげましょう。
 
 牛乳・乳製品・主食になるもの(おにぎり、サンドイッチなど)・野菜(ふかしいも、スティック野菜、ゆでとうもろこし、枝豆など)・季節の果物などを上手に組み合わせましょう
 
 ご家庭の食事づくりの参考にしてください。
主食編 ・マヨネーズパン ・飾り巻き寿司(アンパンマン) ・七夕お星さまピラフ
       
主菜編 ・豆腐ナゲット ・レバーのオーロラ煮 ・松風焼き
・カラフルマーボー豆腐 ・鶏肉の野菜衣揚げ ・かじきマグロの衣揚げ
・親子ローフ ・ローストチキン
       
副菜編 ・豆乳みそスープ ・フルーツきんとん ・五目ビーフン和え
・柿の白和え ・ブロッコリーのチーズ焼き ・切干し大根サラダ
・マカロニ入り野菜スープ ・納豆マヨ和え ・ひじきのマヨネーズ和え
・おからのサラダ
       
おやつ編 ・フレークマシュマロ ・フライドおさつ ・おてがるピザ
・もちもちチーズリング ・メロンパン風トースト ・いももち
・パンドーナッツ ・マカロニきなこ ・トーストスティック
・あずき蒸しパン ・焼きいも ・豆腐白玉団子
・人参とりんごのカップケーキ
       
お誕生会・行事食編  ・ライオンカレー ・カエルパン ・お誕生会メニュー(5月)
・お誕生会メニュー(6月)  ・お月見メニュー  ・さつまいものすいとん入り芋煮汁
       
 食物アレルギー編  ・うそっこ卵 フェイクマヨネーズ   
 
遊び食いや好き嫌いが多くて困っています
離乳食をなかなか食べてくれません
卒乳の時期はいつ?
生もの(刺身や豆腐等)はいつから食べ始めてよいのでしょうか?
子どもの水分補給について教えてください
旅行にでかける時の離乳食に悩んでいます
フォローアップミルクについて教えてください
離乳食を始める・すすめる時の食物アレルギーが心配です
 
こんな工夫をお家でしています

町内各認可保育所(園)での食育実践のようす
▲このページのTOPへ▲
このページのお問い合わせ先
子ども支援課 子ども支援班
電話番号:022-767-2196
FAX番号:022-767-2108
メールアドレス:kodomoshien@rifu-cho.com