おやつ『焼きいも
平成23年11月8日登録
利府町立菅谷台保育所おすすめレシピ
【材料(4人分)】 【つくり方】
さつまいも 中2本
(400g〜500g)
@ さつまいもは、よく洗い、水気を拭き取ります。
A 新聞紙は、半分に切ります。
B Aの新聞紙を水に浸し、びしょびしょにぬらし、@のさつまいもを包み、さらに新聞紙が見えないようにアルミ ホイルできっちり巻き、最後にギュッと握り、と余分 な空気を抜きます。
C 230℃〜250℃のオーブンで40分〜50分(目安)焼い て、できあがりです。(途中上下ひっくり返してください)※ぬらした新聞紙は、水が多少滴る位でよいです。※アルミホイルは、新聞紙が見えないようにしっかり包むの がポイントです。(新聞紙が見えていると、黒く焦げてしまいます。)
新聞紙 見開き2枚分
アルミホイル 適宜

 この作り方で薪と炭で焼いても、アルミホイルは黒く焦げてしまいますが、中の新聞紙とさつまいもは焦げません。
 さつまいもはホックホクに焼きあがります。
 
 ぬらした新聞紙でさつまいもを包み、アルミホイルで包みます。  仕上げにギュッと握り、余分な空気を抜きます。  十符の里農産物直売所「ふれあい館」さんと仙台農業協同組合さんの御協力のもと、毎年園庭で、薪と炭でさつまいもを焼きます。
 作り方では、オーブンで焼く調理法を紹介しましたが、菅谷台保育所では、春先に子ども達が植えたさつまいもを、園庭で薪と炭で焼く、焼きいも会をしています。アルミホイルの中で、新聞紙に包まれた水分がお芋を蒸らす効果があるので、ホックホクの焼きいもができ上がります。(アルミホイルの中の新聞紙は焼けませんので、驚くと思います)
 ぜひ、バーベキュー等でお試しください。子ども達が自分で新聞紙とアルミホイルで巻いて作れるので大喜びです! 

1人分の栄養価≪エネルギー163kcal、たんぱく質1.2g、脂質0.2g、塩分0g≫
 
戻 る