こんなときどうしたらいいの?
平成22年8月31日登録
Q.フォローアップミルクは、育児用ミルク、牛乳とどのような違いがありますか?
A. フォローアップミルクは、生後9か月頃以降の鉄欠乏予防を目的に作られたミルクで牛乳の代替となるミルクです。
 母乳の代替になるミルクは、育児用ミルクです。フォローアップミルクは、生後9か月頃以降の鉄欠乏予防を主な目的に作られたミルクで、牛乳の代用として開発されました。生後9か月以降は赤ちゃんの体内の貯蔵鉄が減少し、鉄欠乏になる可能性がありますので、なんらかの理由で離乳食が順調に進まず、たんぱく質の不足や鉄欠乏の心配がある場合に、たんぱく質を補い、鉄を補給するためにフォローアップミルクの利用をすすめることがあります。
 
Q.フォローアップミルクは、必ず飲ませなくてはいけないのですか?
A. フォローアップミルクの必要性はそれほど強いわけではありません。
 母乳栄養、人工栄養のいずれの場合でも、離乳食の進み具合が順調で、生後9か月以降は鉄が不足しないように、赤身の肉、魚、レバー、大豆を含む製品、緑黄色野菜を離乳食に取り入れ、さらに鉄強化ベビーフードを努めて与えているのであれば、フォローアップミルクへ切り替える必要はありません。
 離乳食があまり進まないからといって、たんぱく質と鉄の補給を兼ねたフォローアップミルクだけを与え続けると、亜鉛、鉛、銅など色々な栄養素の欠乏を生じますので、必要な栄養源を離乳食から摂取できるように、焦らず、根気よく、離乳食を与えてください。
戻 る