利府町

  1. トップページ >
  2. まちづくり・産業 >
  3. 都市計画・建築 >
  4. 被災家屋の相談窓口について
  1. トップページ >
  2. くらし >
  3. ◆震災関連情報◆ >
  4. 被災家屋の相談窓口について
  1. トップページ >
  2. くらし >
  3. 相談窓口 >
  4. 被災家屋の相談窓口について

被災家屋の相談窓口について

平成23年4月14日更新
 
被災家屋の耐震診断については下記協会にご相談ください
一般社団法人住宅瑕疵担保責任保険協会
 被災した住宅の補修・再建のため、一般社団法人住宅瑕疵担保責任保険協会が無料の診断及び相談を行なうため、被災地専用フリーダイヤル(住まいるダイヤル)を設置しました。
被災地専用フリーダイヤルの設置について
 被災住宅の補修・再建に関する電話相談を実施します。また、相談員が対面での相談を行う窓口も設置し、具体的な相談に対応します。
 
現地での無料診断・相談の実施について
 住宅瑕疵担保責任保険法人の検査員が被災住宅の無料診断等を行い、補修方法、補修費用など具体的な相談に対応します。
お問い合わせ先
一般社団法人 住宅瑕疵担保責任保険協会
TEL0120-330-712
(PHSや一部のIP電話からは03-3556-5147)
受付時間:午前10時~午後5時(日・祝日を除く)
 
社団法人宮城県建築士事務所協会
 社団法人宮城県建築士事務所協会では、地震で被災を受けられた建物の「これから」について無料・有料の相談をお受けしています。メニューをお選びになってご相談ください。
電話による無料相談  ただいま、大変込み合っておりますのでお受けできない場合がありますご理解ください。
電子メールの無料相談  住所、氏名、電話番号、携帯番号を記載して「家全体の写真、被災した部分の写真」を添付のうえ、(社)宮城県建築士事務所協会へお送りください。2~3日以内にご返事いたします。
状況によって現地に伺い有料相談になる場合があります。また非木造の建物は、判断が難しい場合があります。
来所無料相談 「家全体の写真、被災した部分の写真」や、図面などをお持ちになって、ご予約のうえご来所ください。
有料のご相談は技術者の派遣紹介します 木造住宅等  被災した住宅等を目視で調査し、被災の程度を判断して、住み続けるための復旧・再建方法や、復旧・再建の予算、可能な限り住み続けながらの工事を提案します。また、ご依頼があれば改修工事の施工会社のご紹介もします。
費用は2万円~3万円
マンションやオフィスビルの非木造  目視によって被災の場所や、被災が柱、梁、壁の構造体に影響があるかを調査して、住める・住めない、使える・使えないについて助言します。また、可否判断が難しい場合は検証して後日回答を差し上げます。なお衛生・給水・電気設備は対象外とします。
費用は3万円~5万円
お問い合わせ先
被災建築物復旧再建支援本部
社団法人宮城県建築士事務所協会
仙台市青葉区上杉2丁目2-40
TEL022-223-7330 fax022-223-7319
このページのお問い合わせ先
都市整備課 都市整備班
電話番号:022-767-2342
FAX番号:022-767-2106
メールアドレス:seibi@rifu-cho.com