利府町

  1. トップページ >
  2. 行政 >
  3. パブリックコメント >
  4. 利府町文化複合施設基本構想・基本計画(案)

利府町文化複合施設基本構想・基本計画(案)

パブリックコメント 利府町文化複合施設基本構想・基本計画(案)
― パブリックコメント手続の終了及び最終的な政策案の公表 ―
ご意見・ご提言ありがとうございました
 
 利府町では、「利府町文化複合施設基本構想・基本計画(案)」につきまして、平成25年4月8日から平成25年5月7日までの間、パブリックコメント手続きを実施し、みなさまのご意見等を募集いたしました。
 この結果、貴重なご意見・ご提言をいただきました。いただいたご意見等につきましては、「利府町文化複合施設基本構想・基本計画(案)」の参考とさせていただきます。いただいたご意見等に対する利府町の考え方は、以下のとおりです。
 ご協力ありがとうございました。
 
項目区分 意   見 回   答
施設の配置
イメージ案
 館内の機能として、関連のボランティア団体やNPOの共同事務室やレターボックススペース等があると尚良いかと思われます。共同事務室とは、一室をブースやパーテーションによって区切る事によって複数の団体のデスクや事務拠点を配置できるようにしたシステムです。使用料として、利用団体からは月額1,000~2,000円の料金を徴収しています(レターボックスのみの場合数百円)。多賀城市の市民活動サポーターセンター等を例に挙げると、これにより、諸団体の地域への常駐が促進され、より多くの活動団体が町の施策やプログラムに加わってくれることにもつながっています。
 もちろん、今回の複合施設にこだわらず、既存の公共施設の機能が新施設に移行した跡地を活用して配置するのもひとつのケースとしては考えられます。
 共同事務室等につきましては、現在、十符の里プラザ敷地内にある生涯学習センターの別棟に町民活動ルームと町民活動レンタルルームという名称で設置しております。
 町民活動ルームは、一定期間継続的な町民公益活動を行う見込みがある団体、町民活動レンタルルームは、一定期間継続的な町民公益活動を行う見込みがある団体で、活動を行うために必要な専用の事務所を有しない団体にお貸しすることとしております。
 今後、既存施設の跡地利用を検討していく際には、御提案の共同事務室やレターボックススペース等の配置も一つのアイディアとして考えてまいります。

ご意見・ご提案の内容につきましては、原則として原文のまま記載していますが、町からの回答に直接関係のない箇所については、一部修正を加えていますので、ご承知願います。また、文章の表現など技術的修正につきましては、随時対応しています。

 
PDFファイルは、ご覧頂くためのソフト「Adobe(R) Acrobat(R) Reader」(無料)が必要です。
このページのお問い合わせ先
文化複合施設推進室 文化複合施設推進班
電話番号:022-767-2197
FAX番号:022-767-2107
メールアドレス:fukugo@rifu-cho.com