利府町

  1. トップページ >
  2. 健康・福祉 >
  3. 栄養・健康 >
  4. 熱中症にご注意ください!

熱中症にご注意ください!

平成30年7月20日登録
熱中症とは
 高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内に熱がこもり体温調整機能がうまく働かないことで起こります。特に小さなお子さんや高齢者は注意が必要です。
 熱中症は屋外だけではなく、屋内でも発生します。節電を意識しすぎるあまり、エアコンを使わずに我慢をしていると熱中症に繋がる恐れがあります。適切に扇風機やエアコンを使用しましょう。
 熱中症は予防法を知っていれば防ぐことができ、応急処置を知っていれば重症化を防げます。熱中症の予防法や適切な対応を知り、元気に過ごしましょう。
 
   
こんなときはためらわずに救急車を呼びましょう
  ・ 自分で水が飲めなかったり、脱力感や倦怠感が強く、動けない場合。
・ 意識がない(おかしい)、全身のけいれんがあるなどの症状を発見されたとき。
   
熱中症の予防 
  【水分補給】 【外出時の準備】 
  ・のどが渇かなくても、こまめに水分を補給しましょう。 ・日傘や帽子を着用しましょう。
  ・たくさんの汗をかいた場合は、塩分も補給しましょう。 ・濡らしたスカーフを首にまくのもおすすめです。
  ・通気性の良い衣服を着用しましょう 。
    
熱中症のサイン 
【軽症】めまい、たちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない、手足がしびれる、気分が悪い → 我慢せずに応急処置を 
  【中症】頭痛、吐き気、体がだるい(倦怠感)、意識が何となくおかしい→ 応急処置をしても改善しない時はすぐに病院へ 
【重症】意識がない、けいれん、呼吸困難 、まっすぐ歩けない・走れない、体が熱い→ すぐに救急車を! 
   
熱中症かなと思ったら 
 
意識がはっきりしている場合は、冷たい水を飲ませます。
たくさん汗をかいている場合は、塩分も補給させます。
涼しい場所に移動し、衣服をゆるめ、太い血管のある「わきの下」「首」「足の付け根」などを保冷剤(冷たい缶ジュースなどでも代用できます。)で冷やし、皮膚に水をかけて、うちわや扇風機であおいで体からの熱を放散させます。
   
注意していただきたいこと
 
熱中症患者のおよそ半数は高齢者(65歳以上)です。高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能や調整機能などが低下しており、熱中症にかかりやすいので、こまめに水分を補給しましょう。
幼児も体温調節機能が十分発達していないため、注意が必要です。
急に暑くなった日は、熱中症の発生が高くなります。
就寝中など、室内でも熱中症が発症することがあります。無理な節電はせずに、適度に扇風機やエアコンで上手に温度管理をしましょう。
   
   
 
厚生労働省 リーフレット「H30一般用リーフレット」
環境省 熱中症予防情報
環境省 熱中症 環境保健マニュアル
 
このページのお問い合わせ先
保健福祉課 健康づくり班(保健福祉センター内)
電話番号:022-356-1334
FAX番号:022-356-1303
メールアドレス:kenkou@rifu-cho.com