利府町

  1. トップページ >
  2. くらし >
  3. 住民登録・戸籍 >
  4. 戸籍届出

戸籍届出

平成25年12月25日登録
 
届出の際の本人確認について
 虚偽の届出の防止のため、婚姻・離婚・養子縁組・養子離縁・認知の届出の場合、本人確認書類の提示をお願いしています。届出をされる方にはご負担をおかけしますが、趣旨をご理解のうえ、ご協力をお願いします。
 本人確認書類は、運転免許証やパスポートなど、顔写真が貼付されている公的機関発行の身分証明書をご提示ください。
 なお、顔写真付きの身分証明書をお持ちでない方も届けはできますので、窓口にお申し出ください。身分証明書のご提示がない場合は、届出書に記載されている届出人の方あてに、郵送で届け出があったことをお知らせします。
 
 
◆ 戸籍関係届出の種類と方法
 
種類 届出期限 届出人 届出先 届出に必要なもの


生まれた日から
14日以内
父または母 父母の本籍地、住所地、出生地または一時滞在地の市区町村窓口 ・届出書1通
・母子健康手帳
・届出人の印鑑
・国民健康保険証(加入者のみ)


死亡の事実を知った
日から7日以内
親 族 死亡者の本籍地または届出人の住所地、死亡地または一時滞在地の市区町村窓口 ・届出書1通
・届出人の印鑑
※火葬許可申請の手続も同時に行います。






届出した日から
効力が生じます
    夫と妻
(また、成人の証人2名による署名・押印も必要です)
夫か妻の本籍地、住所地または一時滞在地の市区町村窓口
・届出書1通
・本籍が利府町外の場合は、その方の戸籍
 謄本1通
・夫と妻の印鑑(旧姓)
・未成年の場合は父母の同意書
・官公署等発行の身分証明書
・国民健康保険証(加入者のみ)
・年金手帳(国民年金加入者のみ)
※婚姻届を出しても住所の変更はされませ
 んので、別に届出が必要です。
協議のとき
届出した日から
効力が生じます

裁判・調停のとき
確定の日・調停成立後
から10日以内
協議のとき
夫と妻
(また、成人の証人2名による署名・押印も必要です)

裁判・調停のとき
申立人(証人は不要)
夫か妻の本籍地、住所地または一時滞在地の市区町村窓口
・届出書1通
・本籍が利府町外の場合は戸籍謄本1通
・夫婦の印鑑(裁判・調停のときは申立人
 の印鑑)
・官公署等発行の身分証明書
・国民健康保険証(加入者のみ)
・年金手帳(国民年金加入者のみ)
※離婚届を出しても住所の変更はされませ
 んので、別に届出が必要です。
※裁判・調停のときは、調停調書の謄本等
 が必要です。


届出した日から
効力が生じます
筆頭者と配偶者 本籍地、住所地、転籍地または一時滞在地の市区町村窓口 ・筆頭者と配偶者の印鑑
・町内の転籍のとき→届出書1通
・町外からの転籍のとき
     →戸籍謄本1通と届出書1通
 
 注)
届出人以外の方が届け出る場合は、担当までお問い合わせください。
そのほか届けには、認知届・養子縁組届・入籍届・分籍届・死産届などがあります。
また、夜間、休日に届け出るときなど、詳しくはお問い合わせください。
このページのトップへ
このページのお問い合わせ先
町民課 戸籍住民班
電話番号:022-767-2118
FAX番号:022-767-2104
メールアドレス:madoguti@rifu-cho.com