利府町

  1. トップページ >
  2. 健康・福祉 >
  3. 障害者支援 >
  4. 就学前の障がい児通所支援に係る利用者負担の多子軽減について

就学前の障がい児通所支援に係る利用者負担の多子軽減について

平成29年9月1日更新

 平成26年から児童福祉法施行令の改正により、多子軽減措置が導入され、※1障害児通所支援を利用している、または※2幼稚園等に通う児童が同じ世帯に2人以上いる場合、第2子以降の乳幼児にかかる、障害児通所支援の利用者負担額が軽減されます。
 平成28年4月からは、年収約360万円未満相当世帯(世帯における市町村民税所得割額合計額が77,101円未満)である場合は、通所給付決定保護者と生計を同じくする兄姉(年齢問わず)の中で第2子以降の乳幼児にかかる、障害児通所支援の利用者負担額が軽減されることとなりました。
※1 障害児通所支援とは、児童発達支援・医療型発達支援・保育所等訪問支援のことです。
※2 幼稚園等とは、幼稚園、特別支援学校の幼稚部、保育所、情緒障害児短期治療施設、認定こども園等を指します。


手続き等の詳しい内容については、お問い合わせください。
このページのお問い合わせ先
保健福祉課 福祉班(保健福祉センター内)
電話番号:022-356-1334
FAX番号:022-356-1303
メールアドレス:fukushi406@rifu-cho.com