利府町

  1. トップページ >
  2. 健康・福祉 >
  3. 栄養・健康 >
  4. つつが虫にご注意ください

つつが虫にご注意ください

平成28年4月18日登録
 
 宮城県内で今年度初めてのつつが虫病患者の発生が確認されました。つつが虫病は、ツツガムシ(ダニの一種)に刺された時に感染します。湿地帯や草むら(山林、原野、河原)などに行く時は、なるべく素肌を出さないようにしましょう。
 
 
つつが虫病とは
 ツツガムシ(ダニの一種)に刺されることにより感染する病気です。
 主に高熱(39~40℃)、発疹(全身にでることが多い)、リンパ節の腫れの症状が見られます。また、頭痛、悪寒、全身倦怠感、肝臓機能異常などの症状がみられることがあります。
 潜伏期間は5日から14日で、特定の抗生物質がよく効きます。
 予後は一般に良好ですが、重症化した場合には死に至る場合もあります。ヒトからヒトへの感染はありません。
 
ツツガムシとは
 ダニの一種で、草むらの地中に生息しており、幼虫のときのみ地表に出てきます。
 ツツガムシは一般的に秋から初冬にかけてふ化するため、その時期に感染することが多いのですが、東北地方では春から初夏にふ化することが多く、この時期に感染者が多いのが特徴です。
 
このページのお問い合わせ先
保健福祉課 健康づくり班(保健福祉センター内)
電話番号:022-356-1334
FAX番号:022-356-1303
メールアドレス:kenkou@rifu-cho.com