利府町

  1. トップページ >
  2. まちづくり・産業 >
  3. 商業・工業・農業・漁業 >
  4. 鳥獣害対策用の電気柵における安全確保について

鳥獣害対策用の電気柵における安全確保について

平成27年9月24日更新
 
 
   
   
設置者の皆さまへ
 平成27年7月19日、静岡県で鳥獣害防止のために設置された電気柵で感電死する事故が発生しました。
 電気柵は、インターネット等でも容易に入手することが可能ですが、設置については、感電防止のための適切な措置を講じることが法律で定められています。

 適切な方法で設置しないと人に対して重大な危害を及ぼす恐れがあります。
 下記の注意事項を守っていただくことで感電は防止できますので、感電防止に向け適切な対応をお願いします。
 既に設置されている方についても、正しく設置されているかどうか改めてご確認をお願いします。 

 
注意事項
 
 電気柵を設置した場所には、人が見やすいように適当な間隔で危険である旨の表示をすること。
   例として…「危険!」「さわるな!」「電気柵使用中!」など
 
 感電により人に危険を及ぼす恐れのないよう、出力が制限された電気柵用電源装置であって、次のいずれかから電気の供給を受けるもの

  ○電気用品安全法の適用を受ける直流電源装置
  ○蓄電池、太陽電池その他これらに類する直流電源

 
 電気柵用電源装置(直流電源装置を介して電気の供給を受けるものにあっては、直流電源装置)が、使用電圧30ボルト以上の電源から電気の供給を受けるものである場合において、人が容易に立ち入る場所に電気柵を設置するときは、当該電気柵に電気を供給する電路には次に適合する漏電遮断器を設置すること。
  ○電流動作型のものであること
  ○定格感度電流が15ミリアンペア以下、動作時間が0.1秒以下のものであること。
 
 電気柵に電気を供給する電路には、容易に開閉できる箇所に専用の開閉器を設置すること。
 
町民の皆さまへ
 適切な安全対策を講じてある電気柵については、重大な事故につながる可能性はありませんが、電気柵に接触すると電気ショックを感じることがあります。電気柵には近づかないようご注意ください。
 
関連リンク先 
  農林水産省ホームページ「電気さくの正しい設置方法」(平成27年8月版パンフレット)(PDF:1,207KB)
 
 
 
このページのお問い合わせ先
産業振興課 農林水産班
電話番号:022-767-2191
FAX番号:022-767-2105
メールアドレス:nousui@rifu-cho.com