利府町

  1. トップページ >
  2. 健康・福祉 >
  3. 栄養・健康 >
  4. 利府町食生活改善推進員について

利府町食生活改善推進員について

平成29年4月3日登録
 
  「私達の健康は私達の手で」をスローガンに、食を通した健康づくりのボランティア活動を行なっています。(愛称は「ヘルスメイト」です) 平成17年「食育基本法」が施行され、食生活改善推進員は、地域における食育推進の担い手として、「食育アドバイザー」を併名されました。
 
【基本目標】
 「はつらつみやぎ」をめざして、私達の健康は私達の手でつくり、守りましょう。
 
【活動目標】
1 会員の増加に努めましょう
2 「はつらつ健康利府プラン(第3期健康日本21利府町計画及び食育推進計画)」を踏まえ、各世代にあった健康習慣・食育活動を推進しましょう。
 
【普及目標】
1 バランスのとれた食生活を普及しましょう
2 食の楽しさや大切さを普及しましょう
(1)早寝早起き、1日3回の食事で規則正しい生活リズムの習慣の定着を普及しましょう。
(2)1日3回、主食・主菜・副菜をそろえて食べることを普及しましょう。 
(3)減塩「うす味習慣の定着化」を普及しましょう。
(4)野菜を多く食べること(1日350g以上)を普及しましょう。
(5)「食育の日」と「家族そろっての食事」を普及しましょう。
(6)食と健康に関する知識と技術を伝えましょう。
 
【事業内容】
1 自主事業(定期総会、月1回の勉強会(講習会や移動研修等)、「十符の里-利府」フェスティバルでの健康づくり・食育推進活動、高齢者への料理教室など)
2 地区料理伝達講習会
3 全国食生活改善推進(夏休みおやこ食育教室、生涯骨太クッキング、減塩普及教室・家庭訪問など)
4 宮城県委託事業(肥満予防教室)
5 利府町への協力事業(総合防災訓練、健康料理教室など)
 
【食生活改善推進員になるには】
 毎年、保健福祉課健康づくり班で開催している「栄養教室」を受講し、修了した方が食生活改善推進員として活動することができます。
 

 利府町食生活改善推進員協議会は、昭和34年に発足し、50年を超えて、子どもから高齢者までの全町民が、健康を保持増進するために、健全な食生活が実践できるように、地域で健康づくり・食育推進の活動をしています。
 現在、41名(内、男性2名)の会員で活動しています。

 
 
 
このページのお問い合わせ先
保健福祉課 健康づくり班(保健福祉センター内)
電話番号:022-356-1334
FAX番号:022-356-1303
メールアドレス:kenkou@rifu-cho.com