利府町

  1. トップページ >
  2. くらし >
  3. ペット・動物 >
  4. 鳥インフルエンザ情報

鳥インフルエンザ情報

平成28年12月14日登録
 
 宮城県内においても、平成28年11月末から12月にかけて、死亡野鳥から「高病原性鳥インフルエンザウイルス」が確認されております。
 平成28年12月4日(日曜日)に多賀城市内において回収された、オオハクチョウの死亡個体から、鳥インフルエンザウイルスは検出されませんでした。
 この検査結果により、12月4日から指定されていた野鳥監視重点区域は解除されています。
 国では、引き続き監視を強化しておりますので、次の「野鳥との接し方について」を参考に行動願います。
 
 【野鳥との接し方について】
 鳥インフルエンザウイルスは野鳥観察など通常の接し方では、人に感染しないと考えられていますので、正しい情報に基づいた行動をお願いいたします。
 
1. 日常生活においては、人への感染について過度に心配する必要はありませんが、死亡した鳥類やその排泄物には直接触れないようにしてください。
 
2. 野鳥の糞が靴の裏や車両に付くことにより、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれる恐れがありますので、餌やりや近づいての観察などは避けてください。
 
3. 不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとするのは避けてください。
 
 
関連サイト
  ・高病原性鳥インフルエンザに関する情報
  http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/
 
 なお、野鳥の異常死亡等を発見した場合は、産業振興課 農林水産班までご連絡ください。
 
このページのお問い合わせ先
産業振興課 農林水産班
電話番号:022-767-2191
FAX番号:022-767-2105
メールアドレス:nousui@rifu-cho.com