平成29年2月1日登録
 

 
 
 施設案内
 展示案内
 
 
 遺跡
 神社
 
 その他
 
 
 
 新規ウィンドウが開きます。
        
 利府町郷土資料館
 豊かな学び ~て・れて・じて~   
 大貝窯跡の復元模型、町指定文化財などを展示し、利府町の歴史をわかりやすく、楽しく学ぶことができます。
 
施設案内 
 開館時間  午前9時から午後5時 
 休館日   第1、第3月曜日(祝日の場合はその翌日)
     12月28日から翌年1月4日まで
     ※臨時に休館する場合もございます。
 入館料  無料
 展示案内 【常設展示コーナー】
 町内には縄文時代から近世にかけての遺跡が点在しており、これまで多くの発掘調査が行われ、本町の歴史が解明されてきました。
 ここでは町内の遺跡から出土した考古資料を中心に展示しています。

    【企画展示コーナー】
 町内の歴史・文化の各分野にテーマを絞り、企画展を展示します。 




    【関連閲覧・学習コーナー】
 図書の閲覧や様々な体験学習を通じて郷土の歴史に親しむことができます。 

         
 館長挨拶  利府町には国史跡岩切城跡や春日窯跡群をはじめ、郷楽遺跡・菅谷穴薬師、中世の留守氏に関係する利府城など数多くのの遺跡や史跡などがあり、また、国指定文化財「特別名勝松島」の一角を担うなど、文化財の豊富な町であるいえます。 
 このように本町には縄文時代から近世にかけての遺跡がが数点在していますが、古代陸奥国府多賀城に隣接していることから、関連する奈良・平安時代の遺跡が中心となっております。
 本町では、このような郷土の歴史や文化を窯跡や古墳から出土した考古資料を通して、町内の方々をはじめ、多くの方々に理解していただくこと目的として、従来の郷土資料館から平成16年に生涯学習センターに移転し、再スタートとなりました。
 会館に際しまして、大貝窯跡から見つかった瓦窯跡復元による展示・概説をはじめ、時代の流れを追ってコーナーを設け、それぞれの資料名と共に、出土した遺跡名を表示いたしました。
 なお、、当館では「豊かな学び~見て・触れて・感じて~」をキーワードに展示及び運営を行うことを目標としており、展示を通じてより多くのことを学び、より多くのことを感じていただければ幸いに思います。

                         利府町郷土資料館
                          館長  鎌田 光伸
 
       
 案内図  〒981-0104 宮城郡利府町中央二丁目11番地1
 電話 022-767-2125 FAX 022-767-2385
 利府町生涯学習センター(十符(とふ)の里プラザ内)2階