利府町

  1. トップページ >
  2. 行政 >
  3. 利府町総合情報システム(内部管理系・情報提供系)更新事業公募型プロポーザル質問書に対しての回答について

利府町総合情報システム(内部管理系・情報提供系)更新事業公募型プロポーザル質問書に対しての回答について

最終更新日:平成31年4月3日

本年3月20日に公告した「利府町総合情報システム(内部管理系・情報提供系)更新事業公募型プロポーザル実施要領」に基づき提出された質問について、本町の回答を次のとおり公開します。
 なお、この回答は、公募型プロポーザル実施要領6(4)の規定により、実施要領その他関係する仕様の追加又は修正とみなします。

○ 回答欄中、赤着色部分については、公告交付資料の訂正、削除等の内容を示していますので、ご注意願います。

○ 質問提出者の商号・名称等は公開していません。


質問に対する回答書  →  PDF419KB




利府町総合情報システム(内部管理系・情報提供系)更新事業公募型プロポーザルについて


本町では、現行の第3期利府町総合情報システムのうち、内部管理系及び情報提供系システムが2020年3月末をもって契約期間が満了します。
 次期システムへの更新においては、「業務プロセスの標準化・共通化を通した連携と共有による業務効率の向上」、「情報セキュリティ及び事業継続性の向上」、「情報システム関連経費の抑制」などの課題解決と、将来にわたる安定的なシステム運用を実現する必要があります。
 このため、公募型プロポーザル方式により広く企画提案を募集しながら、知見、能力、技術、経験など更新事業遂行に最も適した優先交渉権者を選定することを目的とします。

町では、「利府町総合情報システム(内部管理系・情報提供系)更新事業」について、公募型プロポーザルにより本事業の契約に係る優先交渉権者を選定します。事業内容については、次のとおりです。

1 事業の名称 利府町総合情報システム(内部管理系・情報提供系)更新事業

2 事業の目的

本町では、現行の第3期利府町総合情報システムのうち、内部管理系及び情報提供系システムが2020年3月末をもって契約期間が満了します。
 次期システムへの更新においては、「業務プロセスの標準化・共通化を通した連携と共有による業務効率の向上」、「情報セキュリティ及び事業継続性の向上」、「情報システム関連経費の抑制」などの課題解決と、将来にわたる安定的なシステム運用を実現する必要があります。
 このため、公募型プロポーザル方式により広く企画提案を募集しながら、知見、能力、技術、経験など更新事業遂行に最も適した優先交渉権者を選定することを目的とします。

3 事業の内容

事業の内容、提出書類等については、別紙「利府町総合情報システム(内部管理系・情報提供系)更新事業公募型プロポーザル実施要領」、その他交付資料を参照してください。

4 交付資料

この更新事業に係る資料及びプロポーザル参加者の提出書類等については、以下で入手してください。

5 その他

プロポーザル参加者は、実施要領等で定める諸条件に同意したうえで、参加を表明するものとします。

6 問い合わせ先

  • 〒981-0112
  •  宮城県宮城郡利府町利府字新並松4番地
  •  宮城県利府町政策課政策班
  •  Tel 022-767-2115 Fax 022-767-2100
  •  メール seisaku@rifu-cho.com

このページのお問い合わせ先
政策課 政策班
電話番号:022-767-2115
FAX番号:022-767-2100
メールアドレス:seisaku@rifu-cho.com