利府町

  1. トップページ >
  2. くらし >
  3. ごみ・リサイクル >
  4. 草・枝葉ごみの減量のお願い

草・枝葉ごみの減量のお願い

令和元年5月27日登録
 今年も新緑の季節がやってきました。毎年この時期になると、草刈や剪定に伴う草・枝葉ごみが大量に出されます。
 本町では、特に6月から8月にかけての草・枝葉ごみ量が増加傾向にあります。
 草・枝葉ごみは、重量の約60%が水分と言われており、ちょっとした工夫で重量を減らすことができるため、皆さまのごみ処理費用削減やごみ減量につながります。
 趣旨をご理解いただき、ごみ減量へご協力をお願いします。
 
ごみ減量のポイント
1.雑草の防草対策や樹木の枝を間引く
例 除草シート、砂利や木質チップを敷く、除草剤散布、枝の間引きなど
 
2.草刈や剪定する日を調整する
 植物の成長は、天気に左右されるので、草刈り後に雨が降り、晴天が続くとすぐに再生します。草刈を実施するのであれば、雨の日の後に晴天が2~3日続いた後に実施するのが理想的です。
 
3.成長に合わせて計画的に実施する
 草刈りは、植物の成長に合わせて、年3回、6~7月、9~10月、11~12月に実施すると刈り取りしやすいです。
 剪定は、理想の造形をイメージして樹木の成長に合わせて、計画的に行います。
 
4.除草や剪定後に乾燥させてからごみに出す
 草・枝葉ごみは、重量の約60%が水分と言われているので、十分に乾燥させてから出しましょう。2日間は乾燥させると、約40%減量すると言われています。
 
5.草・枝葉ごみをリサイクル利用する
 リサイクル処理施設への搬入やコンポストを利用して堆肥化して再利用する。
 
このページのお問い合わせ先
生活安全課 環境生活班
電話番号:022-767-2119
FAX番号:022-767-2105
メールアドレス:seikatu@rifu-cho.com