赤ちゃんが生まれたら

出生届

赤ちゃんが生まれて、医師に出生証明書を書いてもらったら「出生届」に記入し届け出をします。

届出先
父母の本籍地、住所地、出生地または一時滞在地の市区町村窓口
届出人
父または母
(注)その他の方が届け出るときは、担当までお問い合わせください。
届出期間
出生の日を含めて14日以内
持参するもの
①出生届1通
②届出人の印鑑(朱肉使用の印鑑)
③母子健康手帳
問い合わせ先
町民課 戸籍住民班  
TEL:022-767-2118

ページの先頭に戻る

新生児・産婦訪問(こんにちは赤ちゃん事業)

赤ちゃんのいるすべての家庭に助産師や保健師が家庭訪問し、赤ちゃんの体重測定や育児等の相談を行っています。

問い合わせ先
保健福祉課 健康づくり班(保健福祉センター内)
TEL:022-356-1334

ページの先頭に戻る

乳幼児期の健康診査

お子さんの成長を確認する大切な機会ですので、ぜひ受診してください。指定の日程でご都合が悪い場合は、他の日程に変更できますのでご連絡ください。

①2か月児健康診査

場所
指定医療機関
備考
母子健康手帳別冊の健康診査票が使えます。個別通知はありませんので、個人で予約の上、受診となります。期間を過ぎると、有料となります。

②乳児健康診査(3〜4か月児対象)

場所
広報りふ、個別通知でご確認ください。
備考
各家庭に日時・内容等通知します。(内科診察あり)

③8〜9か月児健康診査

場所
指定医療機関
備考
母子健康手帳別冊の健康診査票が使えます。個別通知はありませんので、個人で予約の上、受診となります。期間を過ぎると、有料となります。

④1歳6か月児健康診査

場所
広報りふ、個別通知でご確認ください。
備考
各家庭に日時・内容等通知します。(内科・歯科診察あり)

⑤2歳6か月児歯科検診

場所
広報りふ、個別通知でご確認ください。
備考
各家庭に日時・内容等通知します。(歯科診察あり)
※希望者にフッ素塗布の実施(有料)

⑥3歳児健康診査(3歳6〜7か月児対象)

場所
広報りふ、個別通知でご確認ください。
備考
各家庭に日時・内容等通知します。(内科・歯科診察あり)

※②・④〜⑥の健(検)診については、事前に個別通知をいたします。

※①・③の健診については、母子健康手帳別冊の健康診査票を使って指定医療機関で無料で受けられます。この健康診査票は、本町に住民登録されていない方は使用できません。町外へ転出した場合は、転出先の市町村で交付を受けてください。転入されてきた方には、保健福祉センターで交付しています。

問い合わせ先
保健福祉課 健康づくり班(保健福祉センター内)
TEL:022-356-1334

ページの先頭に戻る

離乳食教室

離乳食のすすめ方やお子さんの健康・育児などについての教室を行っています。生後6か月から8か月のお子さんと保護者の方(パパやおじいちゃん・おばあちゃんもどうぞ!)が対象です。日程は、乳幼児健康診査と予防接種の年間カレンダー・広報りふでお知らせします。

※対象者や内容が異なることがありますので、乳幼児健康診査と予防接種の年間カレンダーまたは広報りふで再度ご確認ください。

内容
  • 離乳食のすすめ方と試食
  • お子さんの健康等の話(赤ちゃんのお口の衛生を含む)
  • その他、個別相談
  • お子さんの身長・体重測定(希望の方)
  • ※電話または保健福祉センター窓口でお申し込みください。
問い合わせ先
保健福祉課 健康づくり班(保健福祉センター内)
TEL:022-356-1334

ページの先頭に戻る

予防接種

定期の予防接種で公費負担で受けられる予防接種については、お子さんの出生届の提出後(約1〜2か月後)に、予防接種の予診票等を郵送でお届けします。予防接種の種類や対象年齢などは、同封の説明書をお読みください。

問い合わせ先
保健福祉課 健康づくり班(保健福祉センター内)
TEL:022-356-1334

ページの先頭に戻る

相談事業

保健師・栄養士等が健康や栄養などについて相談を行っています。

健康相談
月に1回実施。
受付時間/9:30〜11:00
場所及び日程は「広報りふ」「利府町ホームページ」等でご確認ください。
電話相談
祝日を除く月〜金曜日/8:30〜17:15
訪問相談
ご自宅に訪問して、相談に応じます。まずは、一度お電話ください。
問い合わせ先
保健福祉課 健康づくり班(保健福祉センター内)
TEL:022-356-1334

ページの先頭に戻る

子ども医療費助成

子どものいる家庭における医療費の経済的負担を軽減するため、子どもが病院などで診療を受けた場合に、自己負担金(保険適用分)を助成します。ただし、婚姻している方や、生活保護を受給している方は対象となりません。

対象年齢/医療機関等窓口負担額
・未就学児/入通院・薬代:なし(全額助成)
・小学生〜18歳の年度末/通院:医療機関等ごと、月の初回のみ500円(限度)の負担/入院:1日につき500円負担(医療機関等ごと、月5,000円を限度)/薬代:なし(全額助成)
必要なもの
印鑑(スタンプ印不可)、子どもの健康保険証の写し、受給者の通帳の写し、受給者・配偶者・子どもの個人番号(マイナンバー)通知カード等の原本、窓口に来る方の身分証明書(運転免許等)
  • ※その他、必要に応じて提出する書類があります。
問い合わせ先
町民課 保険年金班 
TEL:022-767-2340

ページの先頭に戻る

児童手当

児童手当は、中学校修了前までの児童を養育している父母などに支給されます。

請求者は、児童を監護している生計の中心者になります。ただし、所得の審査があり請求者の所得が一定の額を超える場合は、児童1人につき月額一律5,000円が支給されます。

支給額
  • 3歳未満 月額15,000円
  • 3歳〜小学校修了前
    (第1子、第2子) 月額10,000円
  • 3歳〜小学校修了前
    (第3子以降)月額15,000円
  • 中学生 月額10,000円
  • 所得制限限度額以上
    月額5,000円
必要なもの
印鑑(スタンプ印不可)、請求者の預金通帳、請求者の健康保険証の写し、請求者・配偶者の個人番号(マイナンバー)通知カード等の原本、窓口に来る方の身分証明書(運転免許証等)
  • ※その他、必要に応じて提出する書類があります。(所得証明書等)
手当の支給
原則として申請した翌月分から支給されるので、該当される方はお早めに申請してください。(公務員の方は、勤務先で申請。)
問い合わせ先
町民課 保険年金班 
TEL:022-767-2340
ちょっとアドバイス

児童手当を受けている間は、毎年6月に「現況届」を提出することになります。

ページの先頭に戻る

児童扶養手当

児童扶養手当とは、母子・父子家庭の児童、両親のいない児童、父または母に一定の障がいのある児童の養育に役立ててもらうための制度です。

対象
次のいずれかに該当する18歳の年度末までの児童を監護している父または母もしくは父母に代わって養育している方。
  • 父母が離婚した児童
  • 父または母が死亡した児童
  • 父または母に重度障害がある児童
  • 父または母の生死が明らかでない児童
  • 父または母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
  • 父または母から引き続き1年以上遺棄されている児童
  • 父または母がDV防止及び被害者保護に関する法律の規定による保護命令を受けた児童
  • 母が婚姻によらずに懐胎した児童
手当額
全部支給の場合は、児童1人のとき月額42,290円、2人のとき9,990円の加算、3人以上のときは1人増加するごとに5,990円の加算となります。ただし、受給者または受給者と同居の扶養義務者などの所得が一定の金額を超える場合には、手当額の一部または全部が支給されません。
※年度により手当額は変わることがあります。
手当の支給
申請した翌月分から支給されるので、該当される方は、お早めに申請してください。
問い合わせ先
町民課 保険年金班
TEL:022-767-2340

ページの先頭に戻る

特別児童扶養手当

特別児童扶養手当とは、精神または身体に障がいを持つ児童の養育に役立ててもらうための制度です。

対象
一定の障がいがある20歳未満の児童を養育している父もしくは母または養育者。
手当額
障がいの状態に応じて、児童1人につき1級が月額51,450円、2級が月額34,270円となりますが、受給者または受給者と同居の扶養義務者などの所得が一定の金額を超える場合、児童を施設に入所させている場合などは、この手当を受けることはできません。
※年度により手当額は変わることがあります。
手当の支給
申請した翌月分から支給されるので、該当される方は、お早めに申請してください。
問い合わせ先
町民課 保険年金班  
TEL:022-767-2340

ページの先頭に戻る

養育医療の給付

お子さんが未熟児でお生まれになった時に、医師が治療(入院時)の必要を認めたときにかかる医療費を町が負担し、申請された方(同居されているご家族も)の所得税額に応じた金額を一部負担していただくものです。

対象
1歳未満で養育医療を必要とする未熟児
必要なもの
養育医療給付申請書
養育医療意見書(指定医療機関の医師が作成したもの)世帯調書・同居者全員分の個人番号(マイナンバー)通知カード等・窓口に来る方の身分証明書(運転免許証等)・前年分所得税額証明書(※乳幼児・学生を除く同居者全員分)・子どもを被扶養者としている方の健康保険証・印鑑(スタンプ印不可)
  • ※その他、必要に応じて提出する書類があります。
問い合わせ先
町民課 保険年金班
TEL:022-767-2340

ページの先頭に戻る

小児慢性特定疾病児童日常生活用具給付事業

小児慢性特定疾病児童が安心・安全な生活を送ることができるように用具を給付します。

対象
小児慢性特定疾患治療研究事業の対象になっている児童
給付用具
特殊寝台、入浴補助用具など18種類
問い合わせ先
保健福祉課 健康づくり班(保健福祉センター内)
TEL:022-356-1334

ページの先頭に戻る

赤ちゃん誕生祝事業

新生児の誕生に際して、新生児の健やかな成長を願うとともに、新しい町民の誕生を祝うため、記念品を贈呈します。

「子育て支援事業」赤ちゃん誕生祝事業参照

問い合わせ先
子ども支援課 子ども未来班
TEL:022-767-2193

ページの先頭に戻る

子育て応援事業

乳児を保育する保護者の子育てを応援するため、子育てに必要なベビー用品を無償貸与します。

「子育て支援事業」子育て応援事業参照

問い合わせ先
子育て広場「十符っ子」
TEL:022-767-2195

ページの先頭に戻る

利府町子育て支援ガイド