妊娠が分かったら

母子健康手帳交付と妊婦面接

医師から妊娠と診断され、妊娠の届け出をすると母子健康手帳及び母子健康手帳別冊が交付されます。交付の際、母子健康手帳の使い方や妊娠中の生活・食事等についての説明を行います。

※母子健康手帳別冊には、妊婦健康診査受診票(助成券)及び乳児一般健康診査票が添付されており、該当時期(妊娠期14回、乳児期2回)の健診が医療機関で受けられます。妊婦健診の受診時期については、医療機関にご確認ください。

交付場所
保健福祉センター
問い合わせ先
保健福祉課 健康づくり班(保健福祉センター内) 
TEL:022-356-1334

ページの先頭に戻る

プレパパ・プレママひろば

沐浴体験や参加者同志の情報交換、助産師・保健師・歯科衛生士に妊娠中の悩みを相談できます。詳しくは、母子健康手帳交付時または、広報りふでご確認ください。

詳しくは、母子健康手帳交付時または、広報りふでご確認ください。
(※当日、母子健康手帳をご持参ください。)

問い合わせ先
保健福祉課 健康づくり班(保健福祉センター内)
TEL:022-356-1334

ページの先頭に戻る

出産資金貸付制度

出産資金貸付制度

利府町国民健康保険に加入している方

出産育児一時金の支給が見込まれる方で、出産予定日まで1か月以内の方、または妊娠4か月(85日)以上で一時的な支払いを要する方のうち、一定の要件に該当していれば無利子で貸付けが受けられます。貸付額は、請求額が限度となります。ただし、出産予定日の1か月以内の方は24万円を限度額に無利子で貸し付けます。貸付金の償還方法は、出産後に支給される出産育児一時金(40万4千円、ただし産科医療補償制度登録機関は1万6千円加算されます。)のうち貸付けを受けた額を町に委任し償還します。
(※出産育児一時金の支給額算定の際は、貸付けのあった分は差し引かれます。)

問い合わせ先
町民課 保険年金班
TEL:022-767-2340

※利府町国民健康保険以外の健康保険に加入している方は、勤務先または加入している健康保険組合へお問い合わせください。


里帰り出産等の妊婦健診助成制度

妊婦健康診査受診票(母子健康手帳と一緒に交付される母子健康手帳別冊に添付されています。)は、宮城県内の医療機関でのみ使用できます。里帰り出産等のため県外の医療機関で受診される場合は、受診前に里帰り用の受診票と交換してください。妊婦健診費用については、出産後に申請していただくことで、規定の額を上限として助成します。また、助産院で受診された妊婦健診費用も同様に助成します。

問い合わせ先
保健福祉課 健康づくり班(保健福祉センター内)
TEL:022-356-1334

ページの先頭に戻る

利府町子育て支援ガイド