経済的支援

出産・育児・子育て・教育に関する支援

出産育児一時金の支給

利府町国民健康保険の被保険者が出産(妊娠85日以上の死産、流産を含みます。)した場合、一時金を支給します。

申請
随時受付
注意
他の健康保険との調整あり

「子育てと仕事の両立支援」出産育児一時金 参照

申請窓口
町民課 保険年金班 
TEL:022-767-2340

出産資金の貸付

利府町国民健康保険に加入している方で、出産育児一時金の支給が見込まれる方のうち、出産予定日まで1か月以内の方、または妊娠4か月(85日)以上で一時的な支払いを要する方で、一定の要件に該当していれば無利子で貸付けが受けられます。

申請
随時受付
注意
出産育児一時金の支給額算定の際は、貸付けのあった分は差し引かれます

「妊娠が分かったら」出産資金貸付制度 参照

申請窓口
町民課 保険年金班
TEL:022-767-2340

赤ちゃん誕生祝事業

新生児の誕生に際して、保護者に記念品を贈呈します。

「子育て支援事業」赤ちゃん誕生祝事業 参照

申請窓口
子ども支援課 子ども未来班
TEL:022-767-2193

子育て応援事業

ベビーベッドとベビーバスを無償でレンタルします。

申請
随時受付

「子育て支援事業」子育て応援事業 参照

申請窓口
子育て広場「十符っ子」
TEL:022-767-2195

ベビーシートのレンタル

ベビーシート(自動車同乗用)をレンタル(有料)します。

申請
随時受付

「経済的支援」ベビーシート(チャイルドシート)のレンタル 参照

問い合わせ先
生活安全課 防災安全班
TEL:022-767-2174

子ども医療費助成

未就学児は医療費全額助成。小学生から18歳の年度末までの子どもについては医療費の一部を助成します。

申請
随時受付(年1回更新あり)
注意
保険適用外分・食事療養費の助成なし

「赤ちゃんが生まれたら」子ども医療費の助成 参照

申請窓口
町民課 保険年金班
TEL:022-767-2340

母子・父子家庭医療費助成

母子・父子家庭の母、父、児童(18歳の年度末まで)の医療費を助成します。

申請
随時受付(年1回更新あり)
注意
所得制限あり。保険適用外分・食事療養費の助成なし

「ひとり親家庭の支援」母子・父子家庭医療費の助成参照

申請窓口
町民課 保険年金班
TEL:022-767-2340

児童手当の支給

中学校修了前までの児童を養育している父母などに児童手当を支給します。

申請
随時受付(年1回更新あり。 公務員は勤務先へ)

「赤ちゃんが生まれたら」児童手当 参照

申請窓口
町民課 保険年金班
TEL:022-767-2340

児童扶養手当の支給

母子・父子家庭の児童、両親のいない児童、父または母に一定の障がいのある児童を養育している方に児童扶養手当を支給します。

申請
随時受付(年1回更新あり)
注意
所得制限あり。施設入所者は対象外。遺族年金受給者は受給額により手当を受けられる場合があります。

「赤ちゃんが生まれたら」児童扶養手当 参照

申請窓口
町民課 保険年金班
TEL:022-767-2340

就学費用の助成(就学援助)

経済的理由によって児童の就学が困難な世帯に対して、学用品費等の一部を助成します。

「小学校・中学校」町立小・中学校の就学援助 参照

申請窓口
教育総務課 学校教育班
TEL:022-767-2124

私立幼稚園の入園料・保育料の一部助成(就園奨励費)

私立幼稚園に通園している満3歳〜5歳の幼児をお持ちの保護者に対して、 町民税の額に応じて入園料、 保育料の一部を助成します。

「子育てと仕事の両立支援」市立幼稚園の就園奨励費について 参照

申請窓口
教育総務課 総務給食班
TEL:022-767-2179

病児保育事業

本町に住民登録をし、保育所等に入所中の未就学児または家庭で保育することが困難な小学生が対象です。当面症状の急変は認められないものの病気または、病気の回復期で集団保育が困難な期間に施設で一時的に預かり、保護者が子育てと仕事を両立することができるようお手伝いをします。

「子どもを預けたいとき」病後児保育事業 参照

申請窓口
子ども支援課 子ども未来班
TEL:022-767-2193

すこやか子育て支援事業(保育料の無料・助成事業)

小学校就学前の2年間、第3子以降の児童の保育所、幼稚園、認定子ども園、認可外保育施設にかかる保育料を無料または助成します。

「子育て支援事業」利府町すこやか子育て支援事業 参照

申請窓口
子ども支援課 子ども支援班
TEL:022-767-2196

小・中学校入学支援事業

教育にかかる保護者の経済的負担の軽減を図り、より良い教育環境の整備を促進するため、本町に住民登録された小学校と中学校の新1年生全員に、学校で使う運動着を支給します。

「小学校・中学校」小・中学校入学支援事業 参照

申請窓口
教育総務課 学校教育班
TEL:022-767-2124

特別支援教育就学奨励費

町立小・中学校の特別支援学級への就学における保護者の経済的負担を軽減するため、教育費用の一部助成します。

「小学校・中学校」特別支援教育就学奨励費 参照

申請窓口
教育総務課 学校教育班
TEL:022-767-2124

教育資金の利子補給金助成

本町に住民登録している方で、勤労者生活安定資金(教育資金)の貸付を受けた場合に支払う利子について助成します。

「小学校・中学校」教育資金の利子補給助成 参照

申請窓口
教育総務課 学校教育班
TEL:022-767-2124

勤労者生活安定資金融資制度

町内に勤務、または町内に住所を有する勤労者に対し、必要とする生活安定資金を融資する制度です。

「子育てと仕事の両立支援」労働者への支援 参照

申請窓口
東北労働金庫 新塩釜支店
TEL:022-364-3115

特別児童扶養手当

精神または身体に障がいを持つ児童の養育に役立ててもらうための制度です。対象となるのは、一定の障がいがある20歳未満の児童を養育している児童の父もしくは母又は養育者です。

「赤ちゃんが生まれたら」特別児童扶養手当 参照

申請窓口
町民課 保険年金班
TEL:022-767-2340

小児慢性特定疾病児童日常生活用具給付事業

小児慢性特定疾病児童が安心・安全な生活を送ることができるように用具を給付します。

「赤ちゃんが生まれたら」小児慢性特定疾患児日常生活用具給付事業 参照

申請窓口
保健福祉課 健康づくり班
TEL:022-356-1334

障害児福祉手当

20歳未満の在宅重度障害児で、 日常生活において常時介護を必要とする障がいのある方に支給されます。

「障がいのある子どものために」障害児福祉手当 参照

申請窓口
町民課 保険年金班
TEL:022-767-2340

遺族基礎年金

受給要件に該当する国民年金に加入中の方や加入者であった方が亡くなったとき、その方によって生計を維持されていた「子のいる妻」または「子」に支給されます。

「ひとり親家庭の支援」遺族基礎年金 参照

申請窓口
町民課 保険年金班
TEL:022-767-2340
仙台東年金事務所
TEL:022-257-6116

遺族厚生年金

受給要件に該当する厚生年金に加入中の方や加入者であった方が亡くなったとき、その方によって生計を維持されていた遺族に支給されます。

「ひとり親家庭の支援」遺族厚生年金 参照

申請窓口
仙台東年金事務所
TEL:022-257-6116

ページの先頭に戻る

ベビーシート(チャイルドシート)のレンタル

6歳未満(6歳以上でも身長が135センチ未満)の子どもを車に乗せるときには、チャイルドシートを使用しなければなりません。チャイルドシートは交通事故にあった場合の被害を大幅に軽減するとともに、子どもが運転操作の支障になることを防止するためという効果もあります。子どもの安全のため、安全運転のためにチャイルドシートの利用、大人のシートベルトの着用を徹底しましょう。

シートのタイプ
ベビーシート(乳児用チャイルドシート)
対象年齢の目安
新生児から満1歳までの乳児
体格の目安
体重10kg未満、身長76cm未満

※レンタル期間:満1歳まで
 対象児童:本町に住民登録している児童
 (返却時にクリーニング代を負担していただきます。2,000円程度)
 (在庫状況によりお貸しできない場合があります。)

 

問い合わせ先
生活安全課 防災安全班
TEL:022-767-2174

ページの先頭に戻る

利府町子育て支援ガイド