新型コロナウイルスワクチン接種証明書について

更新日:2021年12月20日

新型コロナウイルスワクチン接種証明書

国内で使用する目的では、「接種券」右側の「予防接種済証」または「新型コロナワクチン接種記録書」を接種証明としてご利用いただけます(接種証明書と同等の効力を有します)。

予防接種済証

新型コロナワクチン接種記録書

接種証明書【電子版】の申請にはマイナンバーカードが必要です

現在、接種証明書は紙による申請・交付を行っていますが、デジタル化に伴い令和3年12月20日からマイナンバーカードでスマートフォンの専用アプリから二次元コードが記載された接種証明書(電子版)の申請・取得ができるようになっています。

デジタル化による自動交付ができない方(マイナンバーカードを取得していない方等)は、保健福祉部新型コロナウイルス対策室で紙の接種証明書を発行します。

接種証明書(電子版)の発行に必要なもの

〇スマートフォン(iOS13.7以降もしくはAndoroidOS8.0以降)
〇新型コロナワクチン接種証明書アプリのダウンロード(App Store及びGoogle Playで公開)
〇マイナンバーカード(これから申請の場合、約1か月の期間を要します。)
〇券面事項入力補助APの4桁の暗証番号(マイナンバーカードを受け取った際に設定した4桁の数字)

デジタル化に伴う接種証明書の変更点

旧制度

〇発行対象:海外渡航に限定して発行
〇申請交付方法:郵便申請(窓口申請は後日郵送)
〇発行主体:市町村
〇偽造防止対策:偽造防止用紙での印刷

デジタル化後の制度(現行制度)

〇発行対象:海外用に加え、日本国内用も発行
〇申請交付方法:郵便・窓口申請に加え、電子申請を追加(ワクチン接種証明書アプリ)
〇発行主体:市町村
〇偽造防止対策:二次元コードを記載

「接種証明書(紙)」の発行について

海外渡航用に国外で使用できる「接種証明書」が必要な方や接種済証または接種記録書を紛失された方、デジタル化による自動交付ができない方(マイナンバーカードを取得していない方等)等は、下記必要な書類をお持ちのうえ、保健福祉部新型コロナウイルス対策室で紙の接種証明書を発行します。

対象者

〇新型コロナウイルスワクチンを接種した時点で、本町に住民登録がある方

※1回目の接種と2回目の接種の間で転居しており、どちらかを本町以外の自治体が発行した接種券を用いて接種していた場合、2回分の接種証明書の交付を受けるためにはそれぞれの自治体に対して申請する必要があります。

申請に必要な書類

次の必要書類を郵送または窓口に持参して申請してください。
(1)予防接種証明書交付申請書(PDFファイル:139KB)
(2)運転免許証など、住所の記載された本人確認書類の写し
(3)旅券(パスポート)の旅券番号が記載されているページの写し(海外用を申請する場合のみ添付)
(4)接種した事実が確認できる書類(接種済証、接種記録書、予診票の写しなど)(お持ちの場合のみ添付)
(5) 返信用封筒(切手貼付,返信先住所記載)(郵送の場合のみ添付)
(6)本人の自署による委任状(PDFファイル:50.8KB)(代理人による申請の場合は添付)

申請窓口

 保健福祉部新型コロナウイルス対策室

 〒981-0112 利府町利府字新並松4番地(利府町役場4番窓口)

 電話:022-767-2190

受付時間:平日の午前8時30分から午後5時15分まで

※郵送申請の場合は、受付後、1週間以内に郵送で交付します。

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部 新型コロナウイルス対策室 コロナウイルス対策係

〒981-0112
利府町利府字新並松4番地

電話番号:022-767-2190 ファックス番号:022-767-2103
お問い合わせフォームはこちら