文化複合施設整備ワーキンググループ活動報告

更新日:2020年03月25日

文化複合施設の整備に向けて、平成28年2月から9月まで、毎月1回ずつの計8回、ワーキンググループを開催しました。
ワーキンググループでは、使いやすく親しまれる施設となるよう、配置や動線から備品や設備などの細部まで話し合いを行い、文化複合施設の基本設計を中心にご意見やご提案をいただきました。

 ワーキンググループによる活動内容を次のとおり取りまとめましたので、ぜひご覧ください。

 各回それぞれのワーキンググループのかわら版は以下のとおりです。

第8回 平成28年9月27日(火曜日)《最終回》

 これまでのワーキンググループの活動報告会を開催し、報告会終了後に管理運営に関するワーキンググループが行われました。

第7回 平成28年8月23日(火曜日)

 これまで話し合われた内容の確認も含め、動線などの使い勝手や各室の備品・設備・細部についての最後の話し合いが行われました。

第6回 平成28年7月26日(火曜日)

 第5回ワーキンググループで出された意見をもとに修正した「配置計画・平面図」について、施設の使い勝手とアトリウムをテーマに意見が交わされました。

第5回 平成28年6月20日(月曜日)

 これまでのワーキンググループで話し合われた意見や提案を取り入れた「配置計画・平面図」をもとに、施設の配置や動線、各室の使い勝手について意見が交わされました。

第4回 平成28年5月24日(火曜日)

 第3回で実施した視察研修のふりかえりと、施設のイメージカラーについて考え、様々な意見が交わされました。

第3回 平成28年4月23日(土曜日)

 文化複合施設のイメージや雰囲気をつかむため、加美町「やくらい文化センター」と「中新田図書館」を視察しました。

第2回 平成28年3月22日(火曜日)

 講師として地域社会デザイン・ラボ 代表 遠藤 智栄氏をお迎えし、「住民参加のまちづくり~文化複合施設を活用したまちづくりについて~」と題し、講演をいただきました。
 また、グループでの話し合いでは「こんな風に使えたらいいな!こんな団体が使うんじゃないかな!」というテーマのもと、参加者同士で施設のイメージを共有することができました。

第1回 平成28年2月29日(月曜日)

 設計者からの提案の説明を受け、「新しい文化複合施設ができたらやってみたい活動」について意見が交わされました。

 設計者からの提案の説明に対し、ワーキンググループの参加者からの意見や感想を次のようにまとめましたので、ご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

教育部 生涯学習課 リフノス係

〒981-0112
宮城県宮城郡利府町利府字新並松4番地

電話番号:022-767-2197 ファックス番号:022-767-2108
お問い合わせフォームはこちら