○利府町屋内温水プール条例

平成9年2月26日

条例第1号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、利府町屋内温水プール(以下「温水プール」という。)の設置及び管理に関し、必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 町民の心身の健全な発達と福祉の増進に資するため、温水プールを設置する。

2 温水プールの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

利府町中央公園屋内温水プール

利府町青山一丁目2番地4

(平9条例26・一部改正)

(職員)

第3条 温水プールに、事務職員、技術職員その他の職員を置く。

(平14条例35・一部改正)

(使用許可)

第4条 温水プールを使用しようとする者は、町長の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする。

2 町長は、温水プールを使用しようとする者が次の各号いずれかに該当すると認められるときは、その使用を許可しないものとする。

(1) 公の秩序又は善良な風俗に反するおそれがあると認められるとき。

(2) 施設又は設備をき損するおそれがあると認められるとき。

(3) その他温水プール設置の目的に反すると認められるとき。

3 第1項の許可を受けようとする者は、町長が定める様式に従い、次に掲げる事項を記載した使用許可申請書を町長に提出しなければならない。ただし、規則で定める方法により使用しようとする者は、この限りでない。

(1) 氏名又は名称、住所及び電話番号並びに法人にあっては、その代表者の氏名

(2) 使用しようとする日時

(3) 使用目的

(4) 入場料の徴収の有無

(5) 使用する予定の人員

(6) 行事を担当する者の氏名

(7) 使用しようとする施設又は設備

4 町長は、第1項の許可に条件を付けることができる。

(平14条例35・一部改正)

(使用者の遵守事項)

第5条 温水プールを使用する者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。ただし、あらかじめ町長の承認を受けたときは、この限りでない。

(1) 使用する権利を他の者に譲渡し、又は転貸しないこと。

(2) 施設又は設備の現状を変更しないこと。

(3) 使用目的以外に使用しないこと。

(4) その他規則で定めること。

(平14条例35・一部改正)

(使用許可の取消し等)

第6条 町長は、温水プールを使用する者が次の各号のいずれかに該当するとき、又は温水プールの管理の必要上やむを得ないと認めたときは、その使用の許可を取り消し、又はその使用を停止することができる。

(1) 詐欺その他不正の行為により第4条第1項の許可を受けたとき。

(2) 第4条第1項の許可の条件に違反したとき。

(3) 前2号に規定するもののほか、この条例及びこの条例に基づく規則の規定に反すると認めたとき。

2 前項の規定によって使用する者が損害を受けることがあっても、町はその賠償の責めを負わない。

(平14条例35・全改)

(使用料)

第7条 第4条第1項の許可を受けた者は、別表に掲げる額の使用料を納入しなければならない。

2 前項の使用料は、現金又は利用券若しくは回数券により納入しなければならない。

3 第1項の使用料は、第4条第1項の許可の際に徴収する。

4 既に徴収した使用料は、返還しない。ただし、町の責めにより使用することができなくなったときその他特別な理由があるときは、この限りでない。

(平14条例35・全改)

(使用料の減免)

第8条 町長は、特別の理由があると認めたときは、使用料の全部又は一部を減免することができる。

(平14条例35・旧第9条繰上)

(損害賠償)

第9条 故意又は過失により温水プール又はその設備を亡失し、又はき損した者は、その損害を賠償しなければならない。

(平14条例35・旧第10条繰上・一部改正)

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、温水プールの管理運営に関し必要な事項は、規則で定める。

(平14条例35・旧第11条繰上)

附 則

この条例は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成9年条例第26号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年条例第26号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成14年条例第35号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年条例第23号)

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(令和元年条例第10号)

(施行期日)

1 この条例は、令和元年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この附則に別段の定めがあるものを除き、この条例による改正後のそれぞれの条例の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後の許可に係る使用料又は占用料について適用し、施行日前の許可に係る使用料又は占用料については、なお従前の例による。

別表(第7条関係)

(平11条例26・旧別表第1・一部改正、平26条例23・令元条例10・一部改正)

1 貸切使用の場合

1 施設使用料

区分

使用料の額

屋内温水プール

入場料を徴収しない場合

1コース1時間につき

1,640円

入場料を徴収する場合

4,940円

ダンススタジオ

入場料を徴収しない場合

1時間につき

1,100円

入場料を徴収する場合

3,300円

2 設備使用料

音響設備

1時間につき

220円

備考

1 「貸切使用」とは、10人以上で施設を独占して使用する場合をいう。ただし、ダンススタジオについては、個人使用についても貸切使用とみなす。

2 温水プールの貸切使用については、3コースを上限とする。ただし、町長が特別の理由があると認めた場合は、この限りでない。

3 「入場料を徴収する場合」とは、入場料、会費その他の料金を徴収する目的をもって行う場合をいう。

4 使用料の額は時間割計算によって算出した額(10円未満の端数があるときは、10円に切り上げる。)とする。この場合において、超過時間に1時間未満の端数があるときは、1時間に切り上げる。

5 入場料を徴収する場合で100円以下の入場料を徴収するときは、入場料を徴収しない場合とみなす。

6 使用料を徴収する場合において、その使用日が土曜日、日曜日又は国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。)に当たるときの使用料の額は、当該使用料の額の2割に相当する額を加算した額とする。

7 町内に住所を有する者が半数未満の場合の使用料の額は、当該使用料の額の5割に相当する額を加算した額とする。ただし、町内の事業所等が従業員等の体育向上を目的として、使用する場合は、この限りでない。

8 前2号に該当する場合の使用料の額は、当該使用料の8割に相当する額を加算した額とする。

9 前日までの準備又は翌日の撤去のために使用するときの使用料の額は、当該使用料の2分の1に相当する額とする。

2 個人使用の場合

区分

使用料の額

学生等

一般

屋内温水プール

3時間までの利用

利用券(1回利用)

200円

520円

回数券(11回利用)

2,090円

5,230円

3時間を超えた利用

1時間につき

70円

170円

トレーニング室

利用券(1回利用)

310円

回数券(11回利用)

3,140円

備考

1 「学生等」とは高校生、中学生、小学生及びこれらに準ずる者を、「一般」とは18歳以上の者で、学生等以外のものをいう。

2 屋内温水プールの3時間を超えた利用において、利用時間に1時間未満の端数があるときは、1時間に切り上げる。

3 トレーニング室の使用者は、高校生及びこれに準ずる者以上のものとする。

利府町屋内温水プール条例

平成9年2月26日 条例第1号

(令和元年10月1日施行)

体系情報
第7編 育/第4章 社会体育
沿革情報
平成9年2月26日 条例第1号
平成9年9月25日 条例第26号
平成11年12月24日 条例第26号
平成14年12月24日 条例第35号
平成26年12月9日 条例第23号
令和元年6月17日 条例第10号