○利府町水道事業及び下水道事業事務分掌規程

昭和54年7月1日

企管規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、管理者の権限に属する事務を処理させるため、利府町水道事業及び下水道事業の設置等に関する条例(昭和54年利府町条例第9号)に定める上下水道課(以下「課」という。)の組織及び事務分掌に関し必要な事項を定めるものとする。

(昭58企管規程2・平19企管規程1・令2企管規程6・一部改正)

(業務の執行)

第2条 業務の執行に当たっては、管理者の指揮監督の下に密接な連絡を図り、円滑適正な事務を行わなければならない。

(組織)

第3条 課に次の班を置く。

経営班

工務班

工務班に所属する施設として、利府浄水場及び春日浄水場並びに浜田中継ポンプ場を置く。

(平14企管規程3・全改、平19企管規程1・令2企管規程6・一部改正)

(事務分掌)

第4条 班の事務分掌は、次のとおりとする。

経営班

(1) 水道事業及び下水道事業(以下「上下水道事業」という。)の経営に関すること。

(2) 職員の給与、服務、研修、福利厚生等に関すること。

(3) 条例及び規程に関すること。

(4) 公印の管理に関すること。

(5) 文書の収発、保管に関すること。

(6) 公用車の管理に関すること。

(7) 企業財産の総括管理に関すること。

(8) 工事請負及び物品供給等の契約に関すること。

(9) 上下水道事業の予算及び決算に関すること。

(10) 現金預金の出納保管に関すること。

(11) 例月出納検査に関すること。

(12) 水道料金及び下水道使用料に関すること。

(13) 検針に関すること。

(14) 停水に関すること。

(15) 水道の使用に関すること。

(16) 下水道事業の趣旨普及に関すること。

(17) 仙塩流域下水道に関すること。

(18) 課内及び班内の庶務に関すること。

(19) 水道法(昭和32年法律第177号)第19条第2項に規定する水道技術管理者の事務の補助に関すること。(前各号の事務に係るものに限る。)

工務班

(1) 水道施設の基本計画及び事業認可に関すること。

(2) 下水道事業の基本計画及び実施計画の策定並びに事業認可に関すること。

(3) 上下水道事業に係る工事の調査、設計、工事の施工及び監督に関すること。

(4) 上下水道事業に係る施設の維持管理に関すること。

(5) 取水及び配水量の調整に関すること。

(6) 指定給水装置工事事業者の指定及び指導に関すること。

(7) 給水装置工事に関すること。

(8) 下水道排水設備工事に関すること。

(9) 量水器の設置及び管理に関すること。

(10) 水質管理に関すること。

(11) 下水道への下水の排水の規制に関すること。

(12) 開発行為に係る給水の協議に関すること。

(13) 漏水調査及び防止に関すること。

(14) 上下水道事業に係る敷地の占用等に関すること。

(15) 配水管、給水装置等の台帳に関すること。

(16) 給水の相談に関すること。

(17) 水道工事の受託に関すること。

(18) 上下水道事業に係る施設の災害復旧に関すること。

(19) 班内の庶務に関すること。

(20) 水道法第19条第2項に規定する水道技術管理者の事務の補助に関すること。(前各号の事務に係るものに限る。)

(平19企管規程1・全改、平22企管規程3・令2企管規程6・一部改正)

(職及び職制)

第5条 課に次の表の左欄に掲げる職を置き、その職務は、それぞれ当該右欄に定めるとおりとする。

職務

課長

上司の命を受け、課の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

班長

上司の命を受け、班の事務を掌理し、班員を指揮監督する。

2 前2項に掲げる職のほか、必要と認めるときは、次の表の左欄に掲げる職を置き、その職務は、それぞれ同表の右欄に定めるとおりとする。

職務

理事

上司の命を受け、町行政の特定重要事項を掌理し、並びに特定事項を総括整理し、課長及び班長への助言を行う。

主幹

上司の命を受け、特定事項についての調査、企画及び立案に参画し、並びに主査及び技術主査の事務を整理する。

技術主幹

上司の命を受け、専門的技術に係る特定事項についての調査、企画及び立案に参画し、並びに主査及び技術主査の事務を整理する。

主任主査

上司の命を受け、特定事項についての調査、企画及び立案に参画し、並びに特に命ぜられた事項を処理する。

主任技術主査

上司の命を受け、専門的技術に係る特定事項についての調査、企画及び立案に参画し、並びに特に命ぜられた事項を処理する。

主査

上司の命を受け、特定事項についての調査及び研究に当たり、並びに担当事務を整理する。

技術主査

上司の命を受け、専門的技術に係る特定事項についての調査及び研究に当たり、並びに担当事務を整理する。

3 前2項に掲げる職のほか、事務処理上の必要に応じ別表左欄に掲げる職を置くものとし、その職務は、それぞれ当該右欄に定めるとおりとする。

(平3企管規程6・全改、平14企管規程3・平19企管規程1・平20企管規程2・平25企管規程1・平28企管規程1・一部改正)

(職に充てる職員)

第6条 前条第1項及び第2項に定める職は、職員をもって充てる。

2 前条第3項に定める職に充てる職員は、別表のとおりとする。

(平3企管規程6・全改、平19企管規程1・一部改正)

附 則

(施行期日)

1 この規程は、公布の日から施行する。

(平28企管規程1・旧附則・一部改正)

(課長等の職にある者が長期間にわたる休職等を取得した場合等の措置)

2 次の表の左欄に掲げる者が、疾病等により長期にわたり休職する場合又は当該職務に耐えられないと町長が認めるときは、同表の右欄に定める職とすることができる。この場合におけるその職務は、町長が別に定める。

区分

課長

参事又は技術参事

班長

副参事又は技術副参事

(平28企管規程1・追加)

附 則(昭和56年企管規程第1号)

この規程は、昭和56年4月1日から施行する。

附 則(昭和58年企管規程第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成3年企管規程第6号)

この規程は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成14年企管規程第3号)

この規程は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成19年企管規程第1号)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年企管規程第2号)

この規程は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成22年企管規程第3号)

(施行期日)

1 この規程は、平成22年7月1日から施行する。

附 則(平成25年企管規程第1号)

この規程は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成28年企管規程第1号)

(施行期日)

1 この規程は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規程の施行の際、他の執行機関において現に参事、副参事又は技術副参事の職に補されている者については、この規程による改正前の利府町水道事業事務分掌規程第5条第2項の規定は、なおその効力を有する。

附 則(令和2年企管規程第6号)

この規程は、令和2年4月1日から施行する。

別表(第5条、第6条関係)

(平19企管規程1・全改)

職務

主事

上司の命を受け、事務に従事する。

技師

上司の命を受け、技術に従事する。

利府町水道事業及び下水道事業事務分掌規程

昭和54年7月1日 企業管理規程第1号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第1章 組織・処務
沿革情報
昭和54年7月1日 企業管理規程第1号
昭和56年3月20日 企業管理規程第1号
昭和58年4月1日 企業管理規程第2号
平成3年3月20日 企業管理規程第6号
平成14年3月25日 企業管理規程第3号
平成19年3月30日 企業管理規程第1号
平成20年3月27日 企業管理規程第2号
平成22年5月20日 企業管理規程第3号
平成25年3月28日 企業管理規程第1号
平成28年3月17日 企業管理規程第1号
令和2年3月19日 企業管理規程第6号