○利府町水道事業及び下水道事業工事請負業者等指名委員会規程

平成15年7月28日

企管規程第2号

(設置)

第1条 水道事業及び下水道事業の発注する工事又は製造の請負、物件の借入れその他の契約について公正な事務の運営を図るため、利府町水道事業及び下水道事業工事請負業者等指名委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(平16企管規程5・平19企管規程13・令2企管規程6・一部改正)

(組織)

第2条 委員会は、委員長及び委員をもって組織する。

(構成)

第3条 委員会の委員は、次に掲げる職にあるものをもって充てる。

(1) 委員長 上下水道課長

(2) 委員 工務班長、経営班長及びあらかじめ委員長が指名した職員

(平19企管規程13・平22企管規程1・一部改正)

(審議事項)

第4条 委員会は、次の事項を審議する。

(1) 工事請負業者等の登録資格審査に関する事項

(2) 指名競争入札又は随意契約に付する1件の予定価格が次に掲げる区分に応じ、その掲げる額を超える事案の業者指名に関する事項

 工事又は製造の請負 130万円

 財産の買入れ 80万円

 物件の借入れ 40万円

 財産の売払い 30万円

 物件の貸付け 30万円

 からに掲げるもの以外のもの 50万円

2 前項の事項については、あらかじめ利府町工事請負業者等指名委員会に審議を依頼し、その結果を得て決定するものとする。

(平16企管規程5・平22企管規程1・一部改正)

(会議)

第5条 委員会の会議は、委員長が招集し、その議長となって会議を主宰する。

2 委員長に事故あるとき、又は委員長が欠けたときは、あらかじめ委員長の指名した委員がその職務を代理する。

3 委員会は、委員の半数以上が出席しなければ会議を開くことができない。

4 委員会の議事は、出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

5 委員長は、会議を開く暇がないと認めたときは、委員に回議してこれに代えることができる。

(関係者の出席)

第6条 委員長は、必要があると認めるときは、委員以外の職員を会議に出席させ、意見を述べさせることができる。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は、委員長の指揮を受け、経営班において処理する。

附 則

この規程は、平成15年8月1日から施行する。

附 則(平成16年企管規程第5号)

この規程は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成19年企管規程第13号)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成22年企管規程第1号)

この規程は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(令和2年企管規程第6号)

この規程は、令和2年4月1日から施行する。

利府町水道事業及び下水道事業工事請負業者等指名委員会規程

平成15年7月28日 企業管理規程第2号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第4章 水道事業
沿革情報
平成15年7月28日 企業管理規程第2号
平成16年3月30日 企業管理規程第5号
平成19年3月30日 企業管理規程第13号
平成22年3月19日 企業管理規程第1号
令和2年3月19日 企業管理規程第6号