○利府町災害見舞金支給要綱

平成24年9月19日

告示第49号

(目的)

第1条 この要綱は、災害により被害を受けた町民に対し、災害見舞金(以下「見舞金」という。)を支給することにより、町民の生活の再建を支援することを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において「災害」とは、暴風、豪雨、洪水、地震、津波その他の異常な自然現象による被害(以下「自然災害」という。)及び火災による被害をいう。

(支給対象者)

第3条 見舞金の支給対象者は、災害時において、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づき、利府町の住民基本台帳に記録され、災害により被害を受けた世帯の世帯主(1住宅(共同住宅を除く。)に複数の世帯が同居している場合は、主たる世帯の世帯主に限る。以下「支給対象者」という。)とする。ただし、法令(条例及び規則を含む。以下同じ。)、その他制度により当該災害による支援を受けた者の世帯主を除く。

(見舞金の額)

第4条 見舞金の額は、別表のとおりとする。

(支給申請)

第5条 見舞金の支給を受けようとする支給対象者は、利府町災害見舞金支給申請書(様式第1号)により町長に申請しなければならない。

(支給決定等)

第6条 町長は、前条の申請があったときは、その内容を審査の上、支給の可否を決定し、その旨を利府町災害見舞金支給決定通知書(様式第2号)又は利府町災害見舞金不支給決定通知書(様式第3号)により当該申請者に通知するものとする。

(支給の制限)

第7条 町長は、支給対象者が次の各号のいずれかに該当するときは、見舞金を支給しない。

(1) 被災者又はその世帯に属する者の故意又は重大な過失により被害が発生したものであるとき。

(2) その他制度により、当該住居の被害に係る見舞金の支給を受けることができるとき。

(3) その他町長が支給の制限を行うことが必要と認めるとき。

(見舞金の返還)

第8条 町長は、虚偽の申請その他の不正な行為により、見舞金の支給を受けた者があるときは、その者から当該見舞金の全部又は一部を返還させることができるものとする。

(その他)

第9条 この要綱の実施に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成24年10月1日から施行する。

別表(第4条関係)

区分

住居の被害

見舞金

自然災害

流失

50,000円

全壊

50,000円

大規模半壊及び半壊

30,000円

床上浸水

10,000円

火災

全焼

50,000円

半焼

30,000円

備考 床上浸水以外の被害の判定については、町又は消防署が発行するり災証明書によるものとする。

画像画像

画像

画像

利府町災害見舞金支給要綱

平成24年9月19日 告示第49号

(平成24年10月1日施行)