○職員の給料の調整額に関する規則

平成30年3月30日

規則第18号

(趣旨)

第1条 この規則は、職員の給与に関する条例(昭和32年利府町条例第6号)第8条第1項の規定に基づき、給料の調整額の支給に関し必要な事項を定めるものとする。

(給料の調整を行う職)

第2条 給料の調整額を行う職は、別表第1の調整する職員欄に掲げる職員の職とする。

(給料の調整額)

第3条 職員の給料の調整額は、前条に定める職員に適用される給料表及び職務の級に応じて別表第2に掲げる調整基本額(その額が給料月額の100分の4.5を超えるときは、給料月額の100分の4.5に相当する額とし、その額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額とする。)にその者に係る別表第1の調整数欄に掲げる調整数を乗じて得た額とする。ただし、その額が給料月額の100分の25を超えるときは、給料月額の100分の25に相当する額(その額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額とする。)とする。

(その他)

第4条 この規則に定めるもののほか必要事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

別表第1(第2条、第3条関係)

調整する職員

調整数

教育次長(市町村立学校職員給与負担法(昭和23年法律第135号)第1条に規定する職にあった者が引き続き職員の給与に関する条例第4条第1項に規定する行政職給料表の適用を受けることとなる場合に限る。)

4

別表第2(第3条関係)

職務の級

調整基本額

6級

11,200円

職員の給料の調整額に関する規則

平成30年3月30日 規則第18号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第5編 与/第2章 給料・手当等
沿革情報
平成30年3月30日 規則第18号