文化複合施設管理運営基本計画を策定しました

更新日:2020年03月25日

 町では、「生涯学習」「文化・芸術活動」「交流」の拠点となる、文化複合施設の整備を進めています。
 文化複合施設は、既存の「十符の里プラザ」が手狭になってきていることから新たに整備する施設で、公民館、図書館、430席の小ホール、交流の場、カフェ等で構成される「第1.期施設」を平成32年度末まで、また、800席の大ホール、郷土資料館で構成される第2.期施設を平成37年度までの完成を目指しています。
(第1.期施設の実施設計の概要は、下記リンクをご覧ください。)

 平成29年9月から文化複合施設の管理運営に関する住民ワークショップを開催し、有識者による検討委員会で住民意見を検討しながら、この度、管理運営基本計画を取りまとめました。
 管理運営基本計画の内容は、以下のとおりです。

管理運営基本計画の概要

 文化複合施設が一体的かつ賑わいにあふれ、誰もが利用しやすく、集まりたくなる拠点となるように、子どもから高齢者までの住民との協働による管理運営に積極的に取り組んでいきます。これにより、町内に協働の意識が根付き、文化複合施設のスローガンのもと、住民や民間企業・団体、行政との協働・連携による管理運営を目指していきます。

文化複合施設のスローガン「住民みんなで支え成長する新拠点」

 今後は、文化複合施設が住民みんなで支え成長する、本町の新しい拠点施設となるように、具体的な管理運営のルールづくりなどを進めていきます。

この記事に関するお問い合わせ先

教育部 生涯学習課 リフノス係

〒981-0112
宮城県宮城郡利府町利府字新並松4番地

電話番号:022-767-2197 ファックス番号:022-767-2108
お問い合わせフォームはこちら