低所得者支援及び定額減税補足給付金【子ども加算】について

更新日:2024年02月19日

低所得者支援及び定額減税補足給付金【子ども加算】

国の「デフレ完全脱却のための総合経済対策」(令和5年11月2日閣議決定)の趣旨を踏まえ、国が令和6年度に実施する所得税及び個人住民税所得割分の定額減税措置にあたり、物価高騰による定額減税の恩恵を十分に受けられないと見込まれる所得水準の方を支援するため、住民税非課税世帯又は住民税均等割のみ課税世帯において扶養されている18歳以下の児童について、給付金(こども加算)の支給を行います。

【対象世帯】

基準日(令和5年12月1日)現在、利府町に住民登録があり、令和5年度住民税非課税世帯(7万円受給世帯)及び均等割のみ課税世帯(10万円給付世帯)のうち18歳以下(平成17年4月2日以降出生)の子どもがいる世帯

 ※支給対象とならない世帯

・世帯の全員が、住民税が課税されている他の親族等の税扶養を受けている世帯

・住民税が課税となる所得があるのに未申告である者がいる世帯

・租税条約による住民税の免除を届けている者がいる世帯

(租税条約の相手国から来日した教授や留学生等、事業等の修習者などが該当します。)

【給 付 額】

児童1人当たり5万円

【申請手続き】

令和5年度住民税非課税世帯(7万円受給世帯)及び均等割のみ課税世帯(10万円給付世帯)については、地域福祉課において給付金受給口座を事前に確認するため、世帯主の受給口座を把握できることから、子ども加算分の給付金に関する申請等手続きは不要です。なお、令和5年12月2日以降に生まれた新生児がいる世帯などは、別途申請が必要になります。

詳細については、決まり次第、ホームページにて改めてお知らせします。

【支給時期】

子ども加算分の給付金については、地域福祉課からの7万円給付金、10万円給付金の支給を確認できた世帯から順次振り込みを開始する予定です。(令和6年3月上旬から)

※10万円給付金は令和6年3月下旬ごろの給付開始を予定しております。

該当世帯については、給付金(子ども加算分)支給前に支給のお知らせを送付しますので、内容を御確認ください。

詐欺に注意!!

給付金の支給を装った詐欺に十分ご注意ください。

利府町からATMなどの操作や給付のために手数料の振り込みをお願いすることは絶対にありません!

不審な訪問、電話、メールがあった際には、取り合わず最寄りの警察署や交番へご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部 子ども支援課 子ども給付係

〒981-0112
宮城県宮城郡利府町利府字新並松4番地

電話番号:022-767-2193 ファックス番号:022-767-2102
お問い合わせフォームはこちら