利府町ふるさと応援寄附金について(ワンストップ特例申請様式)

更新日:2022年05月17日

ふるさと納税の制度概要

都道府県や市町村に2千円を超える寄附を行った場合、2千円を超える部分について、個人住民税の所得割額のおおむね1割を限度として、翌年度に課税される個人住民税から税額控除されます。「ふるさとを応援したい」「親しみを感じる市町村を応援したい」という思いを、寄附というかたちで具体化するために新たに創設された制度です。

「利府町ふるさと応援寄附金」とは

 ふるさとを応援したいという寄付者の方々と利府町がより密接につながり、一人でも多くの方々に利府町の魅力をお伝えしたいという思いから、平成29年4月より名称を「利府町ふるさと応援寄附金」と改めました。 応援いただいた方へ、寄付額に応じた町の特産品や地元企業の自慢の商品などを返礼品として送付いたします。 また、寄付金の使いみちも8項目から指定することができます。

「ふるさと納税」の指定基準に適合する地方団体として指定を受けました

 利府町は、令和3年9月17日付で総務大臣から「ふるさと納税」の指定基準に適合する地方団体として指定を受けました。引き続き、利府町への「ふるさと納税」は所得税と個人住民税の控除対象となります。

期間 令和3年10月1日から令和4年9月30日まで

寄附金の使い道

 皆さまからお寄せいただいた寄付金は、次の事業に活用させていただきます。
 また、使いみちを指定することもできます。

1 未来を担う子どもたちのため

 未来を担う子どもたちを心豊かにたくましく育てるために、地域での教育環境づくりや学校教育の充実に充てられます。また、少子化対策として、第3子の保育料無料化や新入学時の運動着の支給など「子育て支援事業」を実施し、安心して産み育てられる環境づくりを目指しています。

2 高齢者の生きがいづくりのため

 高齢者が主体的に社会活動に参加でき、安心して生きがいのある生活ができる環境づくりを目指しています。

3 安全に暮らせるまちづくりのため

 東日本大震災による状況からも、防災対策は最優先の対策です。防災訓練や地域ごとの自主防災組織、その中心となるリーダーの育成など、総合防災体制の整備に努めています。

4 利府町中央公園の整備(スポーツ振興)のため

 東北楽天ゴールデンイーグルスファーム本拠地となる楽天イーグルス利府球場や屋内温水プール、総合体育館などを含む利府町中央公園を整備し、スポーツの活性化に努めています。

5 文化振興のため

 芸術・文化活動や生涯学習活動を活性化するため、文化複合施設の整備や図書の充実による図書館の利用促進に努めています。

6 観光振興のため

 歴史的・文化的資源の有効活用や地場産業を有機的に連携し、新たな観光資源の開発や観光施設などの整備に努めています。

7 農林水産業の振興のため

 観光農園や農業体験、漁業体験など、観光ニーズを見据えた農林水産業のあり方を検討するとともに、6次産業化や農商工連携などによる付加価値の向上、新たな販路の開拓及び経営の効率化や後継者・担い手の育成・確保に努めています。

8 災害復旧・復興のための事業

 地震、台風などの自然災害等により被害を受けた公共施設等の復旧・復興や、被害を受けた方への支援を実施します。

ふるさと納税ワンストップ特例制度

 確定申告や住民税申告を行わない給与所得者等が寄付をした際に、寄付先団体に対して申請を行うことにより、確定申告をしなくても寄付金控除が受けられます。令和4年中に利府町へ寄付された方でこの制度の利用を希望する場合は、申請書と必要添付書類を令和5年1月10日(必着)までに利府町経済産業部商工観光課シティセールス係あて提出してください。受付期限以降の受付はできませんので確定申告をお願いします。

(注)確定申告をする方や6団体以上にワンストップ特例を申請する方などは、特例が適用されません。
 詳しくはワンストップ特例チラシをご覧ください。

実績と活用事業

令和元年度につきましては、多くの方々から御寄附を賜り心より感謝申し上げます。
 いただいた寄附金につきましては、返礼品調達に係る経費を除き利府町ふるさと応援寄附基金に積み立て、利府町の魅力あるまちづくりのため有効に活用させていただきます。

この記事に関するお問い合わせ先

経済産業部 商工観光課 シティセールス係

〒981-0112
宮城県宮城郡利府町利府字新並松4番地

電話番号:022-767-2120 ファックス番号:022-767-2107
お問い合わせフォームはこちら