○利府町スポーツ振興基金条例施行規則

平成6年9月30日

規則第11号

(趣旨)

第1条 この規則は、利府町スポーツ振興基金条例(平成3年利府町条例第19号。以下「条例」という。)第7条の規定に基づき、条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(平30規則33・一部改正)

(運用収益の使途)

第2条 条例第3条第2項に規定する基金の運用から生じる収益は、次の各号に掲げる生涯スポーツ活動派遣事業に充てるものとする。ただし、第1号から第4号までに掲げる大会については国内予選会上位者のみが出場できる全国大会に限るものとする。

(1) (各省庁)が主催する大会

(2) 日本体育協会が主催する大会

(3) 日本スポーツ少年団本部が主催する大会

(4) 東北・全国中学校体育連盟及び全国高等学校体育連盟が主催する大会

(5) オリンピック及び国際大会

(6) 国際規模のスポーツ交流大会

(7) 前号に掲げる大会の他、利府町スポーツ振興基金運営委員会が認めた場合

(平7規則13・平9規則10・平30規則33・一部改正)

(運営委員会)

第3条 基金の運用から生ずる収益の処理を効果的に運営するため、利府町スポーツ振興基金運営委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会の委員は、次に掲げる職にある者をもって充てる。

(1) 副町長

(2) 教育長

(3) 秘書政策室長

(4) 総務課長

(5) 財務課長

(平14規則33・平19規則5・平27規則13・令2規則14・一部改正)

(会長及び副会長)

第4条 委員会に会長及び副会長を置き、会長は副町長の職にある者を、副会長は教育長の職にある者をもって充てる。

2 会長は、会務を総理し、委員会を代表する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代理する。

(平19規則5・一部改正)

(会議)

第5条 委員会の会議は、会長が招集し、会議の議長となる。

2 委員会の会議は、委員の半数以上が出席しなければ開くことができない。

3 委員会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(補則)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成6年10月1日から施行する。

附 則(平成7年規則第13号)

この規則は、平成7年9月1日から施行する。

附 則(平成9年規則第10号)

この規則は、公布の日から施行し、平成9年4月1日から適用する。

附 則(平成14年規則第33号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成19年規則第5号)

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則施行の際現に利府町の事務吏員、技術吏員及び労務職員である者は、別に辞令を発せられない限り、この規則の施行の日において利府町の職員となるものとする。

附 則(平成27年規則第13号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成30年規則第33号)

この規則は、平成31年4月1日から施行する。

附 則(令和2年規則第14号)

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

利府町スポーツ振興基金条例施行規則

平成6年9月30日 規則第11号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第6編 務/第4章 契約・財産
沿革情報
平成6年9月30日 規則第11号
平成7年8月21日 規則第13号
平成9年5月1日 規則第10号
平成14年3月29日 規則第33号
平成19年3月19日 規則第5号
平成27年3月25日 規則第13号
平成30年12月19日 規則第33号
令和2年3月31日 規則第14号