○新型コロナウイルス感染症に感染した被保険者等に係る傷病手当金の支給に関する規則

令和2年5月21日

規則第33号

(趣旨)

第1条 この規則は、利府町国民健康保険条例(昭和34年利府町条例第9号。以下「条例」という。)附則第2項の規定に基づく傷病手当金の支給に関し必要な事項を定めるものとする。

(傷病手当金の支給期限の起算日等)

第2条 条例附則第2項及び利府町国民健康保険条例の一部を改正する条例(令和2年利府町条例第7号)附則第2項の規則で定める日は、令和2年12月31日とする。

(令2規則40・一部改正)

(傷病手当金の支給申請等)

第3条 条例附則第2項の規定による傷病手当金の支給を受けようとする世帯主は、国民健康保険傷病手当金支給申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて町長に提出しなければならない。

(1) 受診状況等申告書(様式第2号)

(2) 勤務状況及び賃金支払状況等証明書(様式第3号)

(3) 医療機関意見書(様式第4号)

2 前項の規定にかかわらず、町長は、前項各号に掲げる書類のうち必要がないと認めるものについては、その添付を省略させることができる。

(支給の決定)

第4条 町長は、前条の申請書の提出を受けたときは、その内容を審査し、傷病手当金の支給の可否及び傷病手当金の額を決定し、国民健康保険傷病手当金支給(不支給)決定通知書(様式第5号)により申請者に通知するものとする。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(令和2年規則第40号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

新型コロナウイルス感染症に感染した被保険者等に係る傷病手当金の支給に関する規則

令和2年5月21日 規則第33号

(令和2年9月17日施行)